西原理恵子の患者通信 〜不妊編〜

2018/1/26

女性が社会で活躍することが増えてきた現代社会。仕事と家庭のバランスをとることの難しさ、重要さについて西原理恵子先生が漫画を通してお届けします。

著者

西原理恵子

1964年高知県生まれ。
1997年に『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞、2005年には『上京ものがたり』、『毎日かあさん』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞。
著書に『スナックさいばら』『ダーリンは70歳』など。
2004年に『毎日かあさん(カニ母編)』で第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。
2011年に『毎日かあさん』で日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞。

この記事に含まれるキーワード

不妊(88) 不妊治療(77) 漫画(10)