耳鳴り

2017/3/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

耳鳴りは、片耳または両耳で雑音が聞こえるという症状の原因となる問題です。 人は通常、耳の中でリンリンという音が鳴っていると考えがちですが、轟音、クリック音、鳴り声、または他の音であることもあります。 耳鳴りを抱える人々の中には、時間の経過とともに複雑な騒音が聞こえるようになる人もいます。 騒音が絶えず聞こえることもあれば、聞こえたり聞こえなかったりすることもあります。
ほとんどの場合、耳鳴りを患っている人は、外部の音がないときには、頭の中で騒音が聞こえます。 このタイプの耳鳴りは「自覚(じかく)的(てき)耳鳴(じめい)」と呼ばれます。ある種の神経が正常に機能していないか、耳の一部に問題があるために起こります。 まれなケースでは、耳鳴りが、耳の近くの血管からなど、耳の内部またはその近くで起こる実際の音によって引き起こされます。 このタイプの耳鳴りは「他覚(たかく)的耳鳴」と呼ばれています。

原因

アレルギー、 高血圧 、低血圧、 糖尿病 、腫瘍および頭部外傷も耳鳴りを引き起こす可能性があります。
多くの場合、耳鳴りの原因は特定できません。
以下は耳鳴りの最も一般的な原因の1つです。
・騒音に長時間暴されることは、 騒音性難聴につながる可能性があります。
・老化に関連する難聴
・耳の内部の働きを損なう可能性のある特定の薬の服用。 例えば、高用量のアスピリンを毎日服用すると耳鳴りに繋がる可能性があります。
・耳管の機能不全
・ 中耳炎や内耳炎などの感染症
・メニエール病。これは回転しているような感覚(めまいとも呼ばれます)を引き起こす病状です。

診断

アレルギー、 高血圧 、低血圧、 糖尿病 、腫瘍および頭部外傷も耳鳴りを引き起こす可能性があります。
多くの場合、耳鳴りの原因は特定できません。
以下は耳鳴りの最も一般的な原因の1つです。
・騒音に長時間暴されることは、 騒音性難聴につながる可能性がある
・老化に関連する難聴
・耳の内部の働きを損なう可能性のある特定の薬の服用。 例えば、高用量のアスピリンを毎日服用すると耳鳴りに繋がる可能性があります。
・耳管の機能不全
・中耳炎や内耳炎などの感染症
・メニエール病。これは回転しているような感覚(めまいとも呼ばれます)を引き起こす病状

治療

治療法は耳鳴りの原因を引き起こしているものにより変わります。 例えば、服用している薬が耳鳴りを引き起こしている場合、医師はその薬の服用を中止することを勧めます。 医師に相談することなく処方薬の服用を止めるべきではないことは覚えておいてください。
高血圧などの症状があなたの耳鳴りの原因となった場合、医師は治療計画を立てることができます。 通常、耳鳴りは、それを引き起こしている状態が治療されると消えます。
原因が特定できない場合、医師は耳鳴りを耐えやすくすることに集中します。 いくつかの方法が考えられます。
・補聴器:耳鳴りや難聴のある人にとって補聴器を使用することは役立つかもしれません。 補聴器を着用すると、聞く必要がある音が、リンリンという音、ブーンという声、またはクリック音よりも大きくなります。
・マスカー:マスカーは、耳の後ろに装着し、ホワイトノイズ(一定のバックグラウンドノイズ)をだします。 このノイズは耳鳴りをあまり目立たなくします。 また、ベッドサイドマスカーを終身時に使用する人もいます。
・補聴器とマスカーの組み合わせ
・カウンセリング:耳鳴りがある多くの人々が落ち込みます。耳鳴りがあって苦労している場合は、カウンセラーや支援団体を通じて支援を求めることで、耳鳴り対処に役立つかもしれません。
・耳鳴り抑制療法:この方法は、マスカーまたは他の方法とカウンセリングをあわせたものです。 耳鼻咽喉科医(耳、鼻、咽喉の専門医)と聴覚専門家(聴覚の専門家)が、耳鳴りの対処を手伝ってくれます。 これは即効性のある治療方法ではありませんが、時間をかけて実践することで多くの患者に役立っています。
・リラックス:ストレスは耳鳴りを悪化させることがあります。 医師は、ストレスに対処するのに役立つリラクゼーション術を提案してくれます。
・医薬品:現在、具体的に耳鳴りを治療するために開発された薬はありません。 しかし、不安を治療するために使用される特定の薬が、一部の人々の耳鳴りの緩和に役立つことが研究で示されています。 こうした薬が症状を和らげるかどうかについては医師に相談してください。

予防

耳鳴りを予防したり、悪化させたりしないために、大きな騒音や聴覚障害の危険のある活動に長期間暴されないようにしてください。 大きな騒音の周りにいることがわかっている場合は、耳栓や耳あてを着用して予防措置を講じてください。 ヘッドフォンで音楽を聴く場合は、音量を低く抑えてください。
耳鳴りがある場合、それを悪化させるような事は避けてください。 ニコチン、アルコールまたはカフェインを控えてください。

医師に相談するための質問

・耳の中の騒音のせいで、寝るのが困難です。 どうしたらよいでしょうか?
・耳鳴りの原因となるものはありますか?
・聴覚を失うでしょうか?
・めまいも多いです。 メニエール病ですか?
・耳の感染症が原因でしょうか?
・ヘッドフォンで音楽を聴くのは避けるべきですか?
・症状改善のために自宅で何かできることはありますか?

この記事に含まれるキーワード

メニエール病 耳鳴り 自覚的耳鳴 他覚的耳鳴 騒音性難聴