赤ちゃんや子供を熱中症から守る熱中症予防のヒント①

2017/5/22

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

日本の夏は湿度も高く、最近の気温上昇を受けて、熱中症になる可能性は上がっています。

特に熱中症のリスクの高い、赤ちゃんや子供、高齢者には熱中症予防をする必要があります。大切な家族を守るためにも、熱中症予防対策をしっかり知っておきましょう。

熱中症予防のヒント

熱中症は、ほかの病気に比べて対策がしやすいといえます。ここで挙げた予防策をしっかり実行して、熱中症を予防しましょう。

塩とミネラルを補給する

暑い時期、たくさん汗をかくと塩分やミネラルが体内から失われます。これらの成分は体にとって必要なものですから、補給しなくてはなりません。

暑い時期に運動する際は、1時間おきに2〜4杯の、カフェインやアルコールを含まない冷たい飲み物を飲むようにしてください。スポーツ飲料には、汗で失う塩とミネラルが含まれています。

ただし、塩分の摂取制限がある場合は、スポーツ飲料を飲んだり、塩分をとる前に医師に相談しましょう。

適切な服と日焼け止めを選ぶ

自宅にいるときは、できるだけ着る洋服の枚数を少なくしましょう。軽くて明るい色、ゆったりとした服を選びましょう。

屋外に行く必要がある場合は、サングラスとつばの広くて風通しのよい帽子をかぶり、SPF 15以上の日焼け止めを塗り、太陽から身を守りましょう。パッケージの指示に従って何度も塗りなおすようにしましょう。

外出は慎重に計画する

外気温がとても高い時の外出は、できるだけ朝か夕方にしましょう。体の体温調整機能が回復できるよう、日陰で頻繁に休むようにしてください。

無理しない

暑い環境での仕事や運動に慣れていない場合は、ゆっくりとしたペースから、徐々にペースをあげるようにしましょう。暑さで心臓がドキドキしたり、息苦しいようであれば、活動をやめるようにしてください。

特に、めまいがしたり、頭が混乱したり、元気がなくなったり、気が遠くなったりした場合は、涼しい場所に移動し、日陰で休むようにしましょう。

屋内では涼しさを保つ

屋内では、できるだけ空調設備の整った場所にいるようにしてください。扇風機は一定の効果はありますが、気温が32度を超えると、熱中症予防にはほとんど効果がありません。冷たいシャワーやクールバスなどで、体を冷ますことが効果的です。

また、台所のガスコンロやオーブンを使う回数を少なくすることも効果的です。

お互いに助け合う

猛暑の中でも働く必要がある人は、同僚の健康状態を気にしましょう。そして、同僚にも気にしてもらいましょう。

熱中症になると、頭が混乱したり、意識を失う可能性があります。65歳以上の人は、猛暑のときは1日2回、健康状態を確認するために友人や親戚に電話をしてもらいましょう。

また、同年代の知り合いがいれば、その人にも同じことをしてあげましょう。

おわりに:熱中症予防のヒントを実行する

少しでも、熱中症のリスクを減らし、予防をするためにも、しっかりとした対策をしましょう。特に赤ちゃんや子供、高齢者のいるご家庭は注意が必要です。今から、予防策を実行するように心がけましょう。

続きはコチラ→赤ちゃんや子供を熱中症から守る熱中症予防②

関連記事

この記事に含まれるキーワード

予防(237) 熱中症(47) 熱中症対策(9)