熱中症の対処法と予防対策のためにどんなことをすればいいの?

2017/5/24 記事改定日: 2019/5/9
記事改定回数:1回

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

子供や高齢者は熱中症の症状に自分では気づきにくく特に注意が必要です。
この記事では暑い時期に多い熱中症の兆候となる症状を紹介し、そのような症状への対処法と予防対策を解説していきます。

熱中症の対処をしたほうがいいのはどんなとき?

熱中症の症状には、以下のようなものが挙げられます。
これらの症状が自分や周囲の人に見られたらすぐに涼しい場所に移動し応急措置を行いましょう。

  • 頭痛
  • めまいと混乱
  • 食欲不振と吐き気
  • 過度の発汗、顔色が悪い
  • 腕、脚、胃のけいれん
  • 呼吸もしくは脈拍が速くなる
  • 37℃以上の発熱
  • 強烈なのどの渇き

熱中症に対する応急措置

自分や子供に熱中症の症状が見られる場合は、すぐに体を冷やす応急措置を行ってください。
以下の手順を参考にして下さい。

  1. 涼しい場所に移動する
  2. 不要な衣服を取り除く
  3. 横にして足を少し持ち上げる
  4. 水をたくさん飲む(経口補水液かスポーツドリンクを薄めたものを)
  5. 肌を冷やす(スプレーやスポンジで冷たい水をかける、風に当てる、脇の下や首の周りに氷パックをあてるなど)

数分おきに、呼吸と脈拍が正常であることを確認しましょう。 子供や友人に熱中症になる前の症状が見られた場合は、回復するまでそばにいてあげてください。 30分ほどすると体が冷えはじめ、気分が良くなっていきます。

熱中症の予防対策は?

暑い季節や激しい運動中は、熱中症になる危険が高まります。暑い時間帯に外出するときや激しい運動をするときは以下のことに気をつけましょう。

  • 冷たい飲み物をこまめに飲む(カフェインの入った飲み物は避けましょう)
  • 運動後や外出後に冷たいお風呂やシャワーを浴びる
  • 色が明るく、ゆったりとした服を着る
  • 肌や衣服に水をかける
  • 午前11時から午後3時の間は直射日光を避ける
  • 気温が上がる時間帯の激しい運動を控える

食事で熱中症を予防できる?

熱中症を予防するには食事にも注意を払う必要があります。こまめに水分を補給することももちろん大切ですが、しっかり活動できるように炭水化物などのエネルギー源や身体の疲労を癒す効果のあるビタミン類を積極的に摂るようにしましょう。
また、暑い時期は発汗によって塩分が失われ、脱水になりやすくなりますので、味付けを工夫して不足した塩分を補うようにしましょう。

ここでは、熱中症の予防に役立つレシピを2つご紹介します。

梅干し茶漬け

たっぷりの炭水化物が摂れ、食欲のない暑い時期でもさっぱりいただくことができるおススメメニューです。また、梅干しに含まれるクエン酸は電解質の吸収をサポートする働きがあるので、汗をかいた後にもばっちり熱中症対策が可能です。

お茶碗一杯分のご飯によく冷やしただし汁とほぐした梅干しを投入して混ぜ合わせれば完成です。お好みで刻んだ海苔や大葉などをちらすのもおススメです。

塩スイカ

食欲がないときや身体を冷やしたいときにおススメのメニューです。スイカにはビタミンや電解質が多く含まれていますので、脱水予防に最適な果物です。

作り方は非常に簡単!一口大にカットしたスイカに塩をまぶしてタッパーに入れ、冷蔵庫でよく冷やせば完成です。

おわりに:熱中症の症状に気づいたらすぐに対処を。予防対策も忘れずに

自分もしくは周囲の人に熱中症の症状が見られる場合は、すぐに涼しい場所に移動し水分補給しましょう。症状が回復しない場合や気を失ってしまった場合にはすぐに医師の手当てを受けてください。
暑い時期に外で活動するときは、ここで紹介したような体温を下げる工夫をしてみてください。熱中症の症状が出てくる前に予防することが大事です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

頭痛(193) 症状(559) 熱中症(47) 応急措置(1)