ダイエットの強い味方になってくれるジュースがあるって本当?

2017/6/6 記事改定日: 2019/8/7
記事改定回数:2回

ダイエット中は食べ物だけでなく、飲み物にも厳しい制限が及びます。基本的には水ばかり飲むことになるため、「もう水はウンザリ!たまにはジュースが飲みたい!」と不満が爆発しそうな方もかなり多いのではないでしょうか。
今回の記事ではそんな方々に向けて、ダイエット中に飲んでもOKなジュースやNGなジュースをご紹介します!

ダイエット中におすすめのジュースは?

ダイエット中にジュースを飲むのはよくない、と思っていませんか。以下にご紹介するジュースを選ぶと、ダイエット中の強い味方になってくれます。

野菜ジュース
一般的なフルーツジュースと比べて糖分やカロリーが低いので、ダイエット中におすすめのジュースです。特に果肉入りの野菜ジュースは食物繊維が豊富なので、食欲を抑える効果が期待できます。
ただし、野菜ジュースの中には塩分が多いタイプもあります。ダイエット中は塩分控えめのジュースを選びましょう。
ザクロジュース
ザクロジュースは糖分とカロリーは高いですが、非常に栄養価が高く、抗酸化作用(活性酸素を除去する働きを持つ)もあります。もし、1日1杯だけジュースを飲むとしたら、ザクロジュースを選ぶのがおすすめです。
プルーンジュース
プルーンジュースは食物繊維が豊富なだけでなく、抗酸化作用や鉄分、カリウムなどの栄養素、さらにはソルビトールも含まれています。ソルビトールには便秘を改善する効果があるため、ダイエット中の便秘でお悩みの方には特におすすめです。

ダイエット中に控えたほうがいいジュースは?

「オレンジ風味」などと書かれたジュースは、主原料にたくさんの糖分が使われているものが多いです。また、栄養学的にいえば、このタイプのジュースは糖分とカロリーが高く、栄養素は少ないので、ダイエット中には飲まないほうがいいでしょう。

では、果汁100%ジュースなら問題ないか、というと、そうとは限りません。果汁100%のジュースにはビタミンCやカリウムが豊富に含まれていますが、飲みすぎると糖分やカロリーを摂りすぎてしまう恐れがあるため、ダイエットには逆効果になる可能性があります。また、果汁100%ジュースには、生の果物ほどの食物繊維や栄養素を含んでいるわけではありません。ダイエット中に飲みたいときは1日1杯までにとどめましょう。

自分でジュースを作るときのポイントは?

自分でジュースを作る場合は、食物繊維を摂取できるよう、果物の果肉も入れてください。また、果物だけだとカロリーが高くなりやすいので、野菜を多めに入れましょう。豆乳やアーモンドミルクといったタンパク質が豊富な飲み物を加えると、さらに栄養バランスのいいジュースになります。

おわりに:かしこくジュースを選んで、ダイエットを成功させましょう

  • 野菜ジュースやザクロジュースなど、ダイエットをサポートするジュースを選んで飲むのがおすすめ
  • 果汁100%のジュースは糖分摂りすぎになりやすいので、1日1杯にとどめる

ダイエット中はジュースを飲んではいけない、と考えがちですが、栄養価が高いものを選び、かつ、適量を守れば飲んでも大丈夫です。ダイエットの最大の敵はストレスや挫折です。たまには甘いジュースを飲んでリフレッシュしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ダイエット(252) ジュース(5) 豆乳(4) ダイエット中の飲み物(1) アーモンドミルク(1)