ストレスと上手に向き合っていくために

2017/2/15

佐藤 典宏 先生

記事監修医師

産業医科大学第1外科

佐藤 典宏 先生

突然、自分の身にふりかかることがあるかもしれない病や死…放っておけば、ストレスはさらに悪影響を及ぼします。こころとからだ、そのバランスはいつも整えておきたいものです。ここでは、いかにしてストレスと向き合えばよいのか、その解消法を考えます。

こころとからだのバランス感覚に注視してイキイキした生活を!

ストレスとどう向き合うか?

それが不可能な場合は、ストレスとどう向き合っていくかを考え直してみてください。
1. 運動
運動は、気分が落ち込んだり、緊張したときに有効な、健康的な手段です。運動すると、エンドルフィンと呼ばれる気分がよくなる化学物質が脳内に分泌されます。また、体型がよくなるので、全体的に気分がよくなります。
2. 正しい食事:ストレスは食欲に影響する
規則正しく、バランスのとれた食事を心がけましょう。
3. 睡眠
十分な睡眠を取り、からだを休める時間を設けることは重要です。
4. 瞑想する
瞑想は、思考を導く方法の一つです。瞑想には多くの形があります。ウォーキングや水泳など、同じ動きを何度も繰り返す運動で瞑想を行うことができます。また、リラクゼーショントレーニングやストレッチをして、深呼吸して瞑想することができます。
リラクゼーショントレーニングは簡単です。 1カ所の筋肉から始めます。 数秒間しっかりと力を込めてから、リラックスしてください。 つま先と足から始め、残りのすべての筋肉も同じ方法でトレーニングをします。
ストレッチもまた、緊張の緩和に役立ちます。首をゆっくりと回します。手をまっすぐ上に伸ばし、左右にゆっくりと曲げます。さいごに肩を回します。
深くてゆったりとした呼吸は、ストレスを和らげるのに役立ちます。
これは、酸素を体内に十分取り込み、からだのリラクゼーション反応を活性化させます。
5. 手放す
天気など、あなたがコントロールできないことを心配しないでください。
6. 小さなことは気にしない
小さな問題は解決してください。 これによって、ストレスを自分でコントロールできているという感覚を養えるようになります。
7. 準備をする
面接など、ストレスを感じやすいイベントの前に、能力を最大限に生かせるように準備してください。
8. 前向きになる
変化は、脅威ではなく、挑戦であると考えるようにしてみてください。
9 . 解決する
人間関係の改善に努めてください。
10. 相談する
信頼できる友人、家族、またはカウンセラーに悩みを相談してください。
11. 現実的に考える
自宅や職場で現実的な目標を設定してください。 過密スケジュールを避けてください。
12. 楽しむ
スポーツ、社交イベント、趣味など、ストレスのないものに参加しましょう。
13. 断る勇気をもつ
薬物やアルコールから離れてください。これらはあなたのストレスレベルを高めることがあります。

情緒的健康のための治療とは?

治療方法

私生活においての気持ちや問題について医師に話すことは、慣れていないかもしれません。 しかし、覚えておいてほしいのですが、医師は外からみるだけでは、感じているストレス、不安、動揺を判断することはできません。このような感情をもっている場合は、医師に正直に話すことが重要です。
まず、ほかの健康問題が身体的症状を引き起こしていないことを確認する必要があります。 症状がほかの健康問題によって引き起こされていない場合、医師は症状が情緒的な原因であると対処することができます。 医師は、情緒的健康を改善するために努力している間に、身体的症状の方を治療する方法も提案するかもしれません。
マイナスな気持ちが消えず、人生を楽しめないほど強い場合は、医師に相談することが特に重要です。 医師が「うつ病」と呼ぶものにかかっている可能性もあるかもしれません。うつ病は、個別のカウンセリング、薬の服用、またはその両方の治療を混合して治療できる病気です。
まず、感情を受け入れ、なぜその感情ををもっているのか理解しようとします。 人生における悲しみ、ストレス、不安の原因を整理すれば、情緒的健康を管理するのに役立ちます。

いまの気持ちを適切な方法で表現する

ストレス、悲しみ、不安な気持ちが身からだ的な問題を引き起こしている場合、こうした感情を内側に残すと、気分が悪くなる可能性があります。 何か悩んでいることがあれば、愛する人に知らせることは問題ありません。 しかし、家族や友人はあなたの気持ちを適切に対処してあげることができないかもしれないことに留意してください。 こうした時には、医師、カウンセラー、または宗教家のような外部の人に、情緒的健康を改善するのに役立つアドバイスとサポートを頼んでください。

バランスのとれた生活を送る

つねにポジティブ感覚で過ごす

職場、学校、または家庭の問題について否定的な感情につながるので執着しないようにしてください。 これは、ストレス、不安、動揺を感じたときに幸せそうにふるまわなければならないという意味ではありません。 否定的な気持ちに対処することは重要ですが、人生におけるポジティブなものにも関心を向けるようにします。 日記をつけると、幸福感や平和感を感じさせるような事柄を記録することができます。いくつかの研究では、ポジティブな見通しをもつことは、生活の質を向上させ、健康を向上させることができる結果を示しています。 また、人生においてストレスを感じ、抑圧するいくつかの物事を忘れる方法を見つける必要があるかもしれません。 楽しんでできることへ費やす時間を作ってください。

柔軟性を高め健全なストレス対処を

柔軟性のある人は、健全にストレスへの対処ができます。 回復力は、さまざまな方法で学び、強化することができます。これには、社会的支援、自分自身に対するポジティブな見解の維持、変化の受け入れ、物事を正しく捉えることが含まれます。 カウンセラーやセラピストは、認知行動療法(CBT)でこの目標を達成できるように手助けしてくれます。これが適切な方法であるかどうか医師に相談してください。

リラクゼーションでこころとからだを落ち着かせる

瞑想、音楽鑑賞、ガイド付きのイメージCDやMP3の鑑賞、ヨガ、太極拳などのリラクゼーション方法は、感情のバランスを取る便利な方法です。 瞑想は、思考を導く方法の一つで、いろいろな方法に取り入れられています。 例えば、エクササイズ、ストレッチ、または深く呼吸をすることによって行うことができます。 リラクゼーションの方法については、かかりつけ医に相談してください。

おわりに

何より自分を大事にしましょう。良好な情緒的健康状態を保つためには、健康的な食事を取り、十分な睡眠を取り、緊張を和らげるために運動をするなど、決まった方法によってからだを管理することが重要です。 過食を避け、薬物の使用やアルコールを乱用しないで過ごしましょう。そういった細かなところにも気を配りながら、自分らしさを取り戻してください。

この記事に含まれるキーワード

ストレス(359) 運動(177) カウンセリング(21) リラクゼーショントレーニング(1) 認知行動療法(CBT)(1)