子供が水いぼに! プールに入ることはできる?

2017/8/24

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

子供の体にぽつぽつできるまるいかたまり、あれっと思っているうちに、何日かで急激に広がります。それって、水いぼと言われているものかもしれません。水いぼだったら楽しみにしているプールに入れないかもしれません。
この記事では、水いぼとプールについてまとめました。

水いぼができたとき、プールに入ることはできる?

水いぼでもプールには入れるかは、通っている保育園や幼稚園、プールなどによっても違います。まず、水いぼの感染についてみてみましょう。

水いぼとは?

水いぼは医学的には伝染性軟属腫と言います。7歳以下の子供に多い皮膚の感染症で、伝染性軟属腫ウイルスで人から人へうつります。まだ、皮膚が薄く、免疫機能の未熟な乳幼児は、感染しやすいのです。
水いぼをつぶすと、黄白色の塊がでてきます。この中にウイルスが入っています。
健康な子供では、6ヵ月~3年で自然治癒しますが、個人差が大きいので、いつ治るかの予測は難しいものです。特に、アトピー性皮膚炎の子供は、湿疹を掻くのと一緒に掻いてしまい、全身に広がってしまいます。また、ステロイドの軟膏を塗ると水いぼが増えてしまい、アトピー性皮膚炎の治療が適切にできなくなってしまいます。

水いぼをとるメリットは?

水いぼをとるメリットは、他への感染を防ぐ、幼稚園や保育園でプールを禁止されているのでとればプールに入れる、見た目でいじめられるのを防ぐ、などがあります。数が少ないうちにとることもできます。しかし、とるときに痛いので、子供を泣かせてまでとるかは議論されています。

水いぼはどうやってうつる?

掻いてつぶれたり、寿命で自然に脱落したりしたものが、他の部分の皮膚や、他人の皮膚について感染します。
1個できたら、その近くに増えていきます。水いぼを引っ掻いた指で触わった皮膚にも感染し、次々と増えてきます。

プールでもうつるの?

では、プールの水で感染するのでしょうか?
日本小児皮膚科学会で公式に発表している「学校感染症 第三種 その他の感染症:皮膚の学校感染症とプールに関する統一見解 皮膚の学校感染症について」からプールについての部分を抜粋します。

伝染性軟属腫(水いぼ)
「プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。ただし、タオル、浮輪、ビート板などを介してうつることがありますから、これらを共用することはできるだけ避けて下さい。プールの後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう。」

プールで水いぼに感染しやすいのはなぜ?

集団生活でのプールでの感染は、複数の検証の結果、ビート板や浮き輪を介しての感染でした。
幼稚園や学校での伝染病への対応は、学校保健法で定められています。(当時の)文部省が1999年3月にまとめた「学校において予防すべき伝染病の解説」では、水いぼの場合、ビート板や浮き輪の共有は避けるように指導していますが、プールに入ることまでは禁止していません。

プールでうつさないようにするためにできることは?

水いぼの感染経路は、ほぼ接触感染ですが、タオルやビート板などを共有することでの間接感染もあります。水いぼがつぶれた中のウイルスが感染源になります。プールや水泳で直接肌が触れると感染しますので、水いぼは覆ったり、処置したりしておくことが大切です。そして、タオル、ビート板、浮き輪などの共用を避けることです。

おわりに:水いぼは自然治癒するものの、プールで楽しく遊べるよう、治療も検討を

今までの記事で見てきたように、水いぼは自然治癒するもので、感染しないよう注意することで、プールに入れます。でも、感染することを恐がって子供が楽しく遊べないのも困ります。数が少ないうちは、切除もそれほどつらくはないので、検討してみましょう。切除するかどうかは、皮膚科の医師に相談するのが良いでしょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

感染(52) プール(9) 水いぼ(4) 伝染性軟属腫ウイルス(1)