緑内障と白内障はどう違う?併発したときは治療できるの?

2017/11/10 記事改定日: 2018/4/3
記事改定回数:1回

渡辺 先生

記事監修医師

東京都内大学病院眼科勤務医

渡辺 先生

「緑内障」と「白内障」は、失明リスクがある代表的な目の病気です。今回の記事では緑内障と白内障の違いについて詳しく説明していきます。また、併発したときの治療法や失明を避けるためのポイントについても紹介しています。

緑内障ってどんな病気?

緑内障は視野の一部が欠ける、または狭くなり、それが進行していく疾患です。視野が少しずつ狭くなっていくので、治療が遅れると完全に失明してしまうこともあります。

発症の原因

緑内障は、目から入ってきた情報を処理する視神経に支障が発生したことが原因で起こります。そして視神経に支障が発生する原因としては、目の硬さである眼圧が異常に高くなってしまうことが挙げられます。

緑内障の治療

緑内障の治療法ですが、一度ダメージを受けてしまった視神経の状態を完全に元に戻すことは、いまのところ不可能です。そのためまずは視神経に対するダメージがこれ以上発生しないよう、眼圧に働きかけることが第一となります。たとえば点眼薬により、眼圧を高くしている原因である目の中の水の排出を促したり、その産生を抑制したりといった具合です。また外科的療法により、そうしたことを行う治療法もあります。

白内障ってどんな病気?

一方の白内障は目の中でレンズのような役割を果たしている部分、水晶体が白濁してしまうことを原因とする眼病です。水晶体は光を通す役割を担っているので、白内障になると視野全体が白く靄がかって見える、または光が全体に乱反射して見えるようになります。

発症の原因

水晶体が白濁する原因としては、紫外線ダメージ、また外側からの物理的ダメージによる酸化が挙げられます。また先天的に水晶体が白濁している場合もありますし、糖尿病やアトピーといった病気が原因で、あるいは薬剤の副作用により白く濁ってしまうこともあります。

白内障の治療

白内障の治療法は、点眼薬と外科的療法です。ただし点眼薬はあくまで症状の進行を遅らせることに留まるので、根本的な治療にはつながりません。視力回復を含めた根本からの治療を望むのであれば、外科的療法のみです。この方法においては、手術により白濁してしまった水晶体を除去し、代わりに人工の眼内レンズを挿入します。現在では、この方法が主流となっています。

緑内障と白内障が併発することはある?

緑内障と白内障は合併することがあります。
白内障が進行すると、水晶体が正常な人よりも硬くふくらんで房水の流出を妨げ、眼圧を上昇させることがあります。このような減少は緑内障の発症につながることがあるので注意が必要です。

また、緑内障は徐々に視野が狭くなる病気のため、病気の進行に気づかず、白内障の検査をして初めて緑内障を発症していることが分かる場合もあります。
このように、緑内障と白内障は同時に発症することもあり、白内障が進行することで緑内障を併発することもあるのです。

合併したときに同時手術は可能か?

緑内障を合併した白内障の場合には積極的に手術を行われることが多いです。手術によって硬く膨らんだ水晶体を人工のレンズに換えることで、房水の流出がスムーズになり、眼圧の低下が期待できるためです。同時に緑内障の手術が行われることもあります。

しかし、白内障の術後に急激な眼圧上昇を生じることもあり緑内障を合併している人は、注意深い経過観察が必要になります。

どちらも失明リスクがある!早期発見・早期治療が大事!

緑内障、白内障ともに、その発症リスクを高める要因として挙げられているのが加齢です。いずれもある程度年齢を重ねることで、瞳に対してのダメージや紫外線を浴びることによる酸化ダメージなどが蓄積されていき、機能低下をしていきます。またその他の病気にもなりやすいので、それによる影響を受ける可能性もあるというのも理由のひとつです。

緑内障は放置することで失明につながる恐れがありますし、白内障は放置することで視神経にダメージをもたらし、緑内障につながることもあります。そのためどちらの眼病も、早期発見・早期治療が重要です。いずれの眼病も初期の段階では小さな違和感程度の症状しか出てこないことも多いので、早期発見のためには定期的に目の検査を受けることが大切です。一般的に40歳以降になると、両方の発症リスクが高くなると言われています。そのためこの年齢に差し掛かったら、定期的に目の検査を受けましょう。

おわりに:緑内障も白内障も早期発見が重要。定期的に眼科検診を

緑内障も白内障も、一度発症してしまうと根治的な治療を行うことは難しいです。また、緑内障は重症化してしまうと失明する恐れもあります。そのため、深刻な状態になる前に病変を発見し、進行を食い止めることが非常に大切なので、定期的な眼科検診に足を運ぶようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

治療(462) 原因(609) 症状(559) 白内障(11) 違い(36) 緑内障(14)