こむら返りって、どんな症状なの? 症状・原因・対処法について

2017/11/28

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

寝ている時や運動中など、突然ふくらはぎに激痛が走り動けなくなった経験はありませんか?ふくらはぎの筋肉が痙攣し、激しい痛みを伴う症状をこむら返りと言います。この記事では、こむら返りの症状や原因、対処法についてご紹介します。

こむら返りとは?

一般的には「こむら返り」と呼ばれていますが、医学的病名は「腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)」と言います。ふくらはぎの腓腹筋や神経が異常に収縮し、過剰な痙攣を起こした状態がこむら返りです。激しい痛みを伴うのが特徴で、就寝中や運動中に起こりやすいと言われています。

こむら返りにはどんな症状があるの?

誰にでも起こり得るこむら返りの代表的な症状を以下でご説明します。

激しい痛み

代表的な症状として挙げられるのは「激しい痛み」です。自分の意思とは関係なく、ふくらはぎの筋肉が異常に収縮することによって激しい痛みが発生します。立ち上がれなくなったり、眠れないほどの強い痛みが起こることもあります。

痙攣

足の筋肉が通常とは違う動きで痙攣している状態を指します。完全に攣った状態ではなく、軽度な痙攣だけの場合もありますが、同じこむら返りの一種です。痙攣を起こした筋肉は強く収縮し硬くなっていきます。

こむら返りが起こるのは何故?

突然起こるこむら返りの原因を以下で解説していきます。

筋肉の疲労

激しい運動や慣れない動きをしたときにふくらはぎの筋肉が著しく疲労します。このように筋肉の緊張状態が長く続いているときに過度な刺激が与えられると、筋肉や神経が過剰に反応してしまうためこむら返りが起こります。

ミネラル不足

ミネラルには筋肉の収縮や神経の伝達に関わる成分が多く含まれており、ミネラルが不足することによって筋肉が正常に動かなくなってしまい、こむら返りが起こることがあります。

冷え

足元が冷えることで血行不良が起こり、筋肉が緊張状態になります。その状態でふくらはぎに過度な負荷をかけると筋肉が正常に収縮できず、痙攣が起こります。

こむら返りの対処法は?

突然の痛みに動揺し、間違った対処をしてしまうと肉離れを起こしてしまう可能性があります。悪化を防ぐためにも、こむら返りの正しい対処法をご紹介します。

伸ばす

痙攣を起こしている筋肉を伸ばしましょう。膝をしっかり伸ばし、足の指持ちます。つま先をすねに向かって引き上げるように曲げ、ふくらはぎの筋肉を伸ばしていってください。その状態を数秒キープしたあとゆっくりと戻し、痙攣が治まるまで数回繰り返しましょう。

マッサージ

痛みがなくなってきたら、ふくらはぎのマッサージをして筋肉をほぐします。力を入れず、さするようにほぐすことがポイントです。摩擦により筋肉が温まり、冷えによる血行不良にも効果が期待できます。強く筋肉を刺激すると肉離れを起こす危険があるので注意してください。

おわりに:正しい対処法で悪化させないことが大切

こむら返りは自分の意思に関係なく誰にでも起こり得る症状です。応急処置が必要な筋肉異常であり、正しい対処をしないと痛みが長引いたり、肉離れを起こす危険があります。正しい対処法でも痛みが和らがない場合や、頻繁に足がつる場合には整形外科を受診しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

痛み(148) 疲労(18) ミネラル(11) 痙攣(15) 冷え(19) こむら返り(5) 腓腹筋(2)