大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)の手術の種類について

2017/12/5

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

大腿骨の骨頭に壊死が起こり、歩行が困難になってしまう病気・「大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)」。この大腿骨頭壊死症の主要な治療法のひとつが手術ですが、具体的にどんな手術が行われるのでしょうか?

大腿骨頭壊死症ってどんな病気?

大腿骨頭壊死症とは、大腿骨の骨頭という部位に壊死が起こり、血流が通わなくなることで骨の一部の組織が死んでしまう病気です。

大腿骨とは太ももの太い骨で、この骨のうち股関節側にある骨の端を大腿骨頭と呼びます。この部位の組織が死んでしまい、骨が一部がつぶれた状態になることで痛みがでます。痛みを感じる部位は主に股関節ですが、他にも腰痛となってあらわれたり、お尻の痛みや膝の痛みとして症状が出ることもあります。股関節に負担がかかるような動作をすると症状が強くなります。

大腿骨頭壊死症の治療法について

大腿骨頭壊死症の治療法には、大きく分けて2種類あります。保存療法と手術療法です。保存療法とは、手術を行わずに生活中にいくつかの点に気をつけ、病状が悪化することを防ぐ治療法です。予後が良いと判断された場合や、痛みが出現していない時に適応になります。具体的には、杖をついたり、重いものを持たないようにすることで股関節の負担を減らします。

ただし、病状が進行すると予測される時には、手術療法が適用されます。手術法には大腿骨内反骨切り術、大腿骨頭回転骨切り術、人工股関節置換術があり、どの手術を行うかは壊死範囲などを見て決めます。

大腿骨内反骨切り術

大腿骨内反骨切り術は、骨頭の健康な部分に体重がかかるよう、壊死している部位を内側に移動させて、壊死した部位に体重がかからないようにする方法です。この手術が行えるのは壊死部分が内側に移動できる場所にあり、健康な部位がしっかりと残っている場合です。壊死部分に負担をかけないようになるため、大腿骨頭壊死症の病状が進行してしまうのを予防する効果が期待できます。自分自身の骨を使う手術法なので、人工の骨とは違い、耐久性の心配もほとんどありません。

大腿骨頭回転骨切り術

大腿骨頭回転骨切り術は、基本的には大腿骨内反骨切り術と同じような方法で手術を行いますが、違いは壊死している部位を前方または後方に移動させることです。太ももの骨を軸として回転させることで、壊死部分を移動させます。こうすることで壊死の起こっていない健康な部分の骨に体重がかかるようなります。そして手術の時に同時に大腿骨頭を内反させることで、体重がかかる部位の中で健康な骨が占める割合を増やせるというメリットがあります。大腿骨内反骨切り術と同様に、自分自身の骨を残しながら治療が行えます。

人工股関節置換術

人工股関節置換術は、股関節や大腿骨の骨頭をまるごと人工のものに取り換える手術です。骨頭を人工の新しいものに取り換えるため、手術後に他の手術方法よりも早く動くことができるようになるというメリットがあります。ただ、人工の骨頭や股関節には寿命があることを考えておかなくてはいけません。耐久性がどの程度あるのかを事前にしっかりと確認して、将来は再手術を行う可能性があるということを忘れないようにする必要があります。

おわりに:重症度や壊死範囲によって手術の方法はさまざま。詳しくは主治医と相談を

大腿骨頭壊死症にはさまざまな手術の方法があり、ご自身の骨を使うか、それとも人工の骨頭を使うかなどによって、メリットやデメリットは異なっていきます。ただし、症状の重さや部位によって選択できる手術は変わりますので、詳しくは主治医とご相談ください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

保存療法(12) 大腿骨頭壊死症(2) 手術療法(16) 大腿骨内反骨切り術(1) 大腿骨頭回転骨切り術(1) 人工股関節置換術(3)