良性の甲状腺腫瘍も治療の必要はある?

2018/1/16 記事改定日: 2019/3/22
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

甲状腺腫瘍には良性と悪性があり、良性の場合は主に3つに分類されます。この記事では、甲状腺にできる良性腫瘍の種類や治療の必要性、どのような検査が行われるのかを解説します。

甲状腺腫瘍とは?

甲状腺腫瘍とは、首の前部、のどぼとけのすぐ下あたりにある甲状腺にできる、しこりのような腫瘍を指します。特に女性に生じることが多く、大きさは様々です。

甲状腺腫瘍には良性のものと悪性のものがありますが、良性の方が多いといわれています。良性の甲状腺腫瘍には「濾胞腺腫(ろほうせんしゅ)」「腺腫様甲状腺腫」「甲状腺嚢胞(こうじょうせんのうほう)」などが含まれます。

良性腫瘍の特徴

良性の甲状腺腫瘍であれば痛みを生じることはほとんどないとされていますが、炎症を起こしたり痛みを生じたりするケースが全くないわけではありません。また、小さい腫瘍であっても、食べ物や飲み物を飲み込みにくく感じたり、腫瘍が5cmを超えるほどに大きくなると気管を圧迫したりすることもあります。

良性の甲状腺腫瘍の種類

良性の甲状腺腫瘍は、主に以下の3つの種類に分けられます。

濾胞腺腫

良性の甲状腺腫瘍の多くはこの濾胞腺腫です。触らなければわからない程度のものから気道を圧迫するほどのものまで大きさは様々で、基本的に痛みはありません。
腫瘍が甲状腺ホルモンを過剰に生産し、甲状腺機能亢進状態(プランマー病)になることがあるため注意が必要です。

腺腫様甲状腺腫

厳密に言えば腫瘍ではなく、甲状腺に生じた1~数個のしこり(結節)を指し、しこりがごく少数なら「腺腫様結節」とも呼ばれます。
小さければ問題ありませんが、大きくなって気道を圧迫するケースやがんを疑われるケースもあるため、詳細な検査や治療が必要になることがあります。

甲状腺嚢胞

腺腫様甲状腺腫や濾胞腺腫の一部に液体が溜まった状態です。痛みがないことがほとんどですが、急に大きくなったときなどに、まれに痛みを生じます。

甲状腺腫瘍の検査

甲状腺腫瘍は甲状腺にしこりが触れる以外に自覚症状がないことも多く、適切な検査を行うことが重要です。甲状腺腫瘍が疑われた場合に行われる検査には以下のようなものが挙げられます。

  • 触診(しこりの大きさや数、位置、可動性を調べる)
  • 血液検査(甲状腺ホルモンの状態を調べる)
  • 超音波検査(しこりの状態を簡易的に調べる)
  • CT検査(甲状腺の状態や転移の有無を調べる)
  • 穿刺吸引細胞診検査(しこりに針を刺して組織の一部を採取して悪性の有無を調べる)
  • アイソトープ検査(甲状腺機能やがんの再発・転移を調べる)

また、良性と悪性の鑑別方法は、超音波検査やCT検査などから推測することは可能ですが、確定診断のためには穿刺吸引細胞診が必要になります。

良性でも治療しなければいけない?

甲状腺腫瘍が良性と診断されれば、基本的には特別な治療は必要なく、経過観察でよいとされています。しかし、以下のような場合には治療の対象となります。

  • 細胞診では診断のつきにくい濾胞がんが疑われるなど、悪性の可能性がある
  • 3~5cmを超えるなど腫瘍が大きい
  • 気道や食道への圧迫感があり、呼吸困難や嚥下障害を伴う
  • 美容上の観点から摘出を患者本人が望んでいる

こうしたケースでは、甲状腺ホルモン薬を服用する「TSH抑制療法」が行われたり、外科手術で腫瘍を摘出することがあります。

液体が溜まる甲状腺嚢胞の場合には、手術に進む前に、注射器を嚢胞に刺して液体を吸い出す治療方法や、腫瘍にエタノールを注入する「経皮的エタノール注入療法」なども行われることもあります。

おわりに:甲状腺腫瘍には良性と悪性があり、良性でも治療が必要なことがある

甲状腺腫瘍は良性であることが多いものの、大きさや種類によっては治療が必要になります。また、一見良性でも悪性腫瘍であったり、甲状腺ホルモンに異常をきたすケースもあります。そのため、ただのしこりだと軽視して放っておかず、なるべく早めに医師の診察を受けましょう。

この記事に含まれるキーワード

甲状腺ホルモン(23) 甲状腺機能亢進症(19) 甲状腺がん(8) 甲状腺腫瘍(5) 甲状腺疾患(7) TSH抑制療法(3) 濾胞腺腫(2) 腺腫様甲状腺腫(1) 甲状腺嚢胞(1) プランマー病(1)