大切な歯のケア・デンタルフロス&クリーニング

2017/3/21

佐藤 典宏 先生

記事監修医師

産業医科大学第1外科

佐藤 典宏 先生

なんで虫歯に!?
毎日、歯磨きしてたのに・・・
という経験をしたことがある人は、かなりの数にのぼるかと思います。
毎日きちんと歯を磨いていても、人は「なぜか」虫歯になります。

しかし、それには理由があり、
実は、口の中が乾燥しているだけで、虫歯の菌は繁殖するし、歯みがき粉のつけすぎによる「磨いたつもり」や、間食が多いことも虫歯の原因になります。

虫歯は治療するよりも、予防するもの!
また、十分に防ぐことができるものです。
歯をしっかり丁寧にケアして、虫歯と歯周病の予防をしましょう!

歯を健康に保つために

「歯のケア」は、毎日のブラッシングとフロッシング、そして、定期的に歯科医で歯石のクリーニングを受けることを意味します。

歯をきちんとケアすることで、虫歯をはじめ、歯周病、黄ばみ、口臭、出血といった歯と口の問題の予防に役立ちます。

乳幼児の場合

乳歯は、出生時には、ほぼ完全に生えはじめていて、歯茎の下に隠れています。 生後、赤ちゃんが食べ物を噛み、言葉を発するために乳歯はとても大事です。

また、赤ちゃんの乳歯は、永久歯の成長を促進します。次のような方法が、赤ちゃんの歯のケアに役に立ちます。
・歯が生えてきた部分を濡れた布で丁寧に拭きます。歯がだいぶ大きくなってきたら、子ども用の歯ブラシを使用します。
・2歳未満の子どもには歯みがき粉を使用せず、水だけで磨きます。
・赤ちゃんが哺乳瓶をくわえたまま眠りにつかないようにします。雑菌が残ったまま眠ることで「哺乳瓶虫歯」の原因になります。
・歯にべたつくので、おやつに飴やチョコレートをあたえるのは避け、果物、チーズ、野菜など低糖の物を食べさせるようにします。
・子どもに歯を磨く方法と歯をきれいに保つことの重要性を教えます。
・定期的に子どもを歯科医に連れて行きます。

10代の子どもたちの場合

歯のケアをしっかり行うことで、黄ばみのない白い歯といい息の相乗効果で笑顔がより素敵になります。下に紹介するような簡単なケアがあります。
・歯みがき粉で歯を1日2回以上磨きます。
・1日に1回はデンタルフロスを使います。
・歯の黄ばみの原因となるタバコを吸わないようにします。タバコは口臭やガンの原因にもなります。
・虫歯のチェックと歯石のクリーニングのために、6ヶ月ごとに歯科医の診察を受けるようにします。

大人の場合

大人の歯のケアも10代の歯のケアと大部分は変わりません。丁寧なケアを継続することで、歯の喪失、歯茎の痛みやその他の問題を避けることができます。

歯に何か問題が出たり、口に関する心配がある場合は、すぐに歯科医に相談してください。
大人のための歯のケアの注意点を以下にいくつか挙げます。
・歯みがき粉で歯を1日2回以上磨きます。
・1日1回はデンタルフロスを使います。
・喫煙習慣を止め、禁煙します。
・薬によっては口内を乾燥させたりするため、服用している薬が歯に悪影響を及ぼ副作用があるかどうか医師に相談します。
・定期的に歯科医で口内の診察を受け、歯周病や知覚過敏、また、その他の変化がないかチェックします。
・6ヶ月ごとに歯科医でクリーニングを受けるようにします。

おわりに ~口と歯を健康に保つには~

見た目を決める要素はたくさんありますが、その中でも「白い歯」は、いい印象をあたえる大きな要素のひとつ。

もちろん、歯を白く健康に保つことは、見た目の印象以上に大事で、ケアを怠ると思わぬ病気を招きます。

普段からデンタルフロスを使っているという方は、そんなに多くないかと思いますが、歯科医や歯科衛生士のほとんどは、毎日欠かさずデンタルフロスをしています。それだけ、歯の健康に欠かすことのできないケアなのです。

デンタルフロスは、歯にとてもいい効果があり、デンタルフロスが習慣化すれば、虫歯になる確率も大幅に下がり、さらに、定期的に歯石のクリーニングを行えば、虫歯や歯周病予防の効果は倍増します。ぜひ、デンタルフロスでフロッシングしてください!

リミュエールブラン ネージュ

関連記事

この記事に含まれるキーワード

歯(17) ホワイトニング(11) 神経(6) 矯正(5)