動悸って貧血で起きることもあるの?安静にしていれば大丈夫?

2018/6/18

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

めまいや立ち眩みなど、さまざまな症状を引き起こす貧血ですが、心臓の鼓動が強く、速く感じたりする動悸の症状が現れることはあるのでしょうか。
今回は、貧血による動悸の症状について、その原因や対処法、動悸から考えられる他の病気の可能性などについて、解説していきます。

貧血が動悸を引き起こす原因は?

貧血のなかでも代表的で、原因の70~80%を占める「鉄欠乏性貧血」の症状として、めまいや立ち眩みと並んで、動悸の症状が出ることがあります。

鉄欠乏性貧血とは、血流にのって全身に酸素を運び、血の赤みの元ともなるヘモグロビンの生成に必要な鉄分が、偏食などによって不足し、結果的に貧血が起こる状態です。
血中のヘモグロビンが不足すると身体が酸欠状態となり、心臓がこれを解消しようと活発に活動することで、鼓動が強く速く打つようになり、動悸を引き起こすことがあります。

また貧血による動悸が起こるときに、一緒に息切れの症状が出やすいのも、同様に体内の酸素不足を解消しようと酸素を取り入れようとする作用が働くためです。

なお、動悸や息切れを引き起こす鉄欠乏性貧血は、血中のヘモグロビン数値が男性は13.0g/dl、女性は12.0 g/dl以下になると発症するとされています。

動悸が貧血ではなく、別の病気のサインのことも

鉄欠乏性貧血で起こる動悸の症状は、安静にしているときに感じやすく、活動していると感じにくいという特徴があります。
一方、貧血による特徴的な動悸ではなく、脈が飛ぶ、急にスピードが変わる、脈がゆっくりになって気を失うなどの症状がある場合は、貧血以外の病気が潜んでいるかもしれません。

以下では、貧血以外によって引き起こされている可能性のある動悸の特徴と、考えられる原因についてご紹介します。

一瞬強く動悸を感じ、その後脈が飛んだように感じる
鼓動が一時的に一定のリズムから外れる「期外収縮」や「不整脈」の症状と考えられます。
軽度なら誰にでも起こり得る症状ですが、頻発するようなら発生の頻度やパターンを調べて、命にかかわるようなものでないかを検査していきます。
急に鼓動のスピードが変わり動悸を感じるが、突然おさまる
このタイプの動悸を感じる場合は、「頻発性の不整脈」、または「発作性上室性頻拍症」「発作性心房細動」「心室頻脈」など心疾患の兆候が疑われます。
どのくらいの頻度・持続性で起こるかによって治療方針が変わってくるので、状況を知るためのより詳しい検査が必要になります。
脈がゆっくりになっていき、めまいや意識消失することがある
心停止による突然死を招きかねない「洞不全症候群」や「房室ブロック」などの徐脈性の不整脈が疑われます。
詳しい検査の後、ペースメーカーの植え込みなど早急な治療が必要な疾患です。

上記はいずれも重大な心疾患につながる可能性がありますので、1つでも気になる症状を感じるなら、すぐに病院で診てもらうことをおすすめします。

動悸がしたとき、どう対処すればいいの?

動悸がしたら、まずは座ったり横になるなどして安静で楽な姿勢を取り、動悸がおさまってくるのを待ちましょう。安静にして症状が改善するのであれは、原因が致死的な病気である可能性は低く、貧血や体調不良、一時的な期外収縮の可能性が高いと考えられます。

ただし、前述したように同期に深刻な病気が潜んでいる可能性も否定できません。あまりにも動悸の頻度が多い、または動悸と共に胸痛や激しい息切れ、呼吸困難が現れるようであれば、すぐに病院で診てもらってください。

おわりに:貧血が原因で動悸が起こることもあるが、異変があればすぐ病院へ

動悸は鉄欠乏性貧血の代表的な症状の1つです。しかし貧血による動悸には特徴があり、この特徴に当てはまらない場合は、心疾患など別の病気が原因である可能性があります。原因が何であれ、あまりにも動悸の症状が長く続いている場合は、すぐに病院で診てもらってください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

貧血(82) 不整脈(49) 動悸(49) 病気(73) 鉄欠乏性貧血(21) 期外収縮(8)