風邪の症状が治らないのは別の病気の可能性があるって本当?

2018/7/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

風邪の症状がなかなか治らないときには、どのような原因が考えられるのでしょうか?病気の可能性はあるのでしょうか?風邪の症状が治らないときに考えられる原因について、解説していきます。

2週間以上治らないのは「風邪」じゃないの?

風邪の原因の80~90%はウイルスとされていますが、風邪ウイルスは体内で増殖する力が弱いため、2週間以上生存することはできません。そのため、2週間を超えて咳などの症状が続く場合や、1週目でも眠るのが困難なほどの激しい咳が出る場合は、風邪以外の病気の可能性が高くなります。

そのような症状が続く場合は、咳喘息、感染後咳嗽、肺がん・結核・間質性肺炎・心不全などの病気の可能性もあるので、呼吸器専門医で診察を受けましょう。病院では、聴診器での肺の雑音の確認、肺機能検査、血液検査、レントゲン、CT検査などを行い、病気の有無を調べます。

鼻水・鼻詰まりが治らないときは

鼻水や鼻詰まりの症状が長期間続く場合は、アレルギー性鼻炎や急性副鼻腔炎の可能性があります。

急性副鼻腔炎の症状

急性副鼻腔炎では、少し濁った粘り気のある鼻汁が多く分泌され、喉に流れるような感覚(後鼻漏)があります。また、鼻をかんだ後も残留感があり、鼻詰まりに伴って頭痛が起こることもあります。

アレルギー性鼻炎の症状

気温が低下する10月以降に、アレルギー症状が出る人は少なくありません。くしゃみや鼻水が頻繁に出たり、鼻詰まりにより頭がぼーっとするなどの症状がある場合は、アレルギー性鼻炎の可能性があります。

咳や喉の痛みが治らないときは

咳の症状が長期間続く場合は、咳喘息の可能性があります。
咳喘息とは、気管支喘息の1歩手前の状態で、治療せずに放置しておくと気管支喘息に進行する可能性があります。気管支喘息は一度なると治りにくく、重症化して発作が止まらなくなるとひどいときには呼吸困難で亡くなってしまうこともあります。
そのような事態に陥らないようにするためにも、咳喘息の段階で治療することが大切です。

咳喘息の原因

咳喘息は、主に下記の刺激による気道粘膜の炎症により発症します。

  • ほこり
  • 湯気
  • 冷たい空気
  • 香り
  • 花粉
  • 天候
  • 疲労
  • ストレス
  • 食品添加物
  • 汚染物質

また、風邪が発端となり発症することもあるので注意が必要です。

咳喘息の治療

咳喘息でいる期間が長いほど気管支や肺は固くなってしまうため、肺の機能が低下して気管支喘息に進行する確率が高くなります。早急に治療できれば、肺機能の改善や気管支喘息への移行を防ぐことができるといわれているので、咳の症状が長引く場合は一度呼吸器専門医で診てもらいましょう。

長引く風邪の症状は病院で診てもらおう!

風邪の症状がなかなか治らない場合や、咳が長引く場合は、病院で診察を受けるときに「風邪です」とは申告せずに、今ある症状について詳しく医師に伝えるようしましょう。
また、以下の項目に1つでも該当する場合は、風邪以外の病気の可能性があるので、呼吸器専門医を受診しましょう。

  • 天気によって、咳の症状が左右される
  • 夜間(深夜・寝入りばな)に咳がよく出る
  • 明け方に咳がよく出る
  • 冷たい空気に触れると咳がよく出る
  • 会話中に咳がよく出る
  • エアコンをつけると咳が出る
  • 湯気に反応して咳が出る
  • 一度咳が出るとなかなか治まらず、出ないときは全く出ない
  • 階段を上下したり、軽い運動をするだけでも息切れする
  • 同世代の人と比べて歩くペースが遅い
  • 呼吸音がぜいぜい、ヒューヒューする

おわりに:風邪の症状が治らないときは呼吸器専門医に相談を

風邪ウイルスは体内で増殖する力が弱いため、2週間以上生存することはできません。そのため、2週間を超えて咳などの症状が続く場合や、眠るのが困難なほどの激しい咳が出る場合は、風邪以外の病気の可能性が高くなります。

また、鼻水や鼻詰まりの症状が長期間続く場合はアレルギー性鼻炎や急性副鼻腔炎、咳の症状が長期間続く場合は咳喘息の可能性があるので、風邪の症状がなかなか治らない場合や、咳が長引く場合は、呼吸器専門医を受診しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

鼻水(36) 鼻づまり(24) 症状(559) 咳(53) 風邪(103) 病気(73) アレルギー性鼻炎(34) 喉の痛み(16) 治らない(21) 咳喘息(9) 急性副鼻腔炎(5)