食欲がないのに血糖値が高くなる、糖尿病のシックデイとは?

2019/8/9

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

血糖値上昇と聞くと「食べたものが影響している」と思うかもしれませんが、食欲不振なのに血糖値が高くなる「シックデイ」という状態があります。この記事では、糖尿病でみられるシックデイの症状や注意点、症状があらわれたときに試したい対処法について紹介します。

糖尿病の人が気をつけるべき「シックデイ」とは?

シックデイとは糖尿病の方にあらわれる「体調の悪い日」のことで、食事がとれない状態で、血糖値のコントロールが難しくなる状態です。たとえば、感染症など急病に罹って血糖値が乱れたときにシックデイが発生しやすくなります。

通常は血糖コントロールが良好でインスリン製剤の必要性が低い患者さんでも、何らかの原因でシックデイが発生することがあります。1型糖尿病などでインスリン製剤を使用している患者さんは、さらに血糖が上昇しやすくなります。シックデイの間は、重症の高血糖になる場合もあります

シックデイになったときの症状の特徴は?

シックデイであらわれる症状は実にさまざまです。高血糖、低血糖、発熱、下痢、嘔吐、発汗、食欲不振、脱水、骨折など外傷、急性合併症などが引き起こされます。シックデイの間はストレスを感じやすくなり、ますます血糖値が上昇することがあります。

また、シックデイでは低血糖に陥る可能性があることに注意してください。体調不良や食欲不振の結果、食事を十分にとれずに低血糖になってしまい、通常通りの量で薬を使用したときに血糖コントロールに悪影響を及ぼすおそれがあります。

シックデイ中は血糖値をこまめに測定し、異常がないか確認を怠らないようにしましょう。血糖に異常を発見したときは適切な対処が必要です。

シックデイの対処法は?

シックデイと思われる症状が発生したときは、速やかな対処をしましょう。下記のような症状がみられたら、すぐに医療機関に連絡したり受診するようにしてください。状態によっては入院が必要です。

医療機関の対処がすぐに必要な症状

  • 血糖値 350mg/dL 以上が続く
  • 嘔吐や下痢が治まらない
  • 38℃以上の高熱が続く
  • 24時間ほど食事をとれていない
  • 24時間ほど食事量が極端に少ない
  • 意識の状態に変調がみられる

自宅ケアの場合は、食事がとれるかとれないかで対処法は変わります。薬の調整について例を挙げますが、症状によって対処は異なります。担当医や薬剤師にシックデイが発生したときの自宅ケアについて相談しておくことをおすすめします。

食事ができるときの自宅ケア例

脱水状態は低血糖を促します。発熱時は特に水分摂取をしてください。

短時間で不調から回復しそうなとき
経口血糖降下薬を継続します。インスリン製剤を服用している方は、血糖測定で値を確認しながら調整します。
長時間が回復までかかりそうなとき
血糖測定で値を確認しながら薬の量を調整します。SU薬や速効型インスリン分泌促進薬を服用している方は、血糖値上昇が起こるような場合は増量します。高血糖状態が続くと回復がさらに遅れることもありますので、血糖の状態に注意してください。

食事ができないときの自宅ケア例

基本的には糖尿病薬の服用は中断しません。感染症や脱水、ストレスの影響で著しい高血糖が引き起こされる可能性があります。食欲がなくても、消化のよい食べ物や飲み物などを摂取し、エネルギーをとってください。必要なエネルギー量を満たせない場合は、食事量や状態を確認しながら糖尿病薬の調整が必要になることがあります。

1型糖尿病のシックデイ対処法

1型糖尿病は、インスリン分泌機能が著しく低下している、または分泌が機能していないのが特徴です。インスリンの基礎分泌を薬で補っていますので、シックデイで食事がとれない場合でも基礎分泌を補う薬の服用や投与量は原則として変更しません。追加分泌を補う薬の調整をすることはあります。

おわりに:シックデイは血糖値の変化に注意!食事や水分の摂取が大切

糖尿病患者さんに訪れる、食事ができないくらいの不調が続くシックデイ。高血糖や低血糖などあらゆる症状が起こる可能性がありますので、血糖を測定しながら対処する必要があります。担当医と相談し、シックデイが発生したときにどうすればいいか聞いておくと安心です。重症化を防ぐためにも「シックデイかな?」と思う症状があらわれたら早めに対処しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(271) シックデイ(2) シックデイの対処法(1) シックデイの症状(1)