A型肝炎

2017/3/22

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

概要

肝炎とは、肝臓の炎症を表す一般的な用語です。通常、肝臓は血液中の老廃物を分解します。しかし、肝臓が炎症を起こしたときは、老廃物を取り除くために機能しません。これにより、血液や組織に老廃物が蓄積されます。
肝炎を引き起こす可能性がある要因は多数あります。肝炎の最も多くの原因は、5種の肝炎ウイルス(A、B、C、D、E)のうちの1種による感染です。肝臓への血液供給の欠如、毒、自己免疫疾患、過度のアルコール摂取、肝臓の傷害、および特定の医薬品の服用も肝炎の原因となる可能性があります。あまり多くはないものの、伝染性単核球症またはサイトメガロウイルスは、肝炎を引き起こす可能性があります。
肝炎には主に2種類あります。急性肝炎(一時的なもの)と、慢性肝炎(少なくとも6カ月続く)です。ほとんどの人は、数日または数週間で急性炎症を克服します。しかし、炎症が6カ月経っても消えない場合、慢性肝炎にかかります。

A型肝炎とは?

A型肝炎は、A型肝炎ウイルスによって引き起こされる肝臓の炎症です。A型肝炎は非常に伝染力があります。簡単に誰かからウイルスをもらったり、ほかの人に感染させたりすることがあります。
A型肝炎はほかの肝炎とは異なります。B型肝炎やC型肝炎ほど一般的ではないものの、通常は慢性肝炎や肝硬変に進行しません。

症状

A型肝炎ウイルスは通常、感染して発症するまで2~6週間かかります。一部の人には何の症状もありません。症状が突然現れることもあり、その場合、次のようなものが現れます。
・吐き気
・嘔吐
・黄疸(肌と白目が黄色い)
・発熱(38℃まで)
・疲労
・腹部の痛み(特に右側)
・暗い色の尿
・食欲減退
・筋肉痛
・かゆみ
幼児はA型肝炎の症状が軽い可能性が高いのに対し、年長の子どもおよび成人は症状が重くなる可能性が高くなります。

人に伝染するのはどれくらい?

感染して症状が現れる前に、最も感染力が強いです。発症から2週間経っている場合は、感染力がなくなります。子どもや免疫系が弱い人は、最大で6カ月まで感染する可能性があります。

原因

A型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされます。ウイルス感染した便を、意図せずほんの少量摂取しただけでもウイルスに感染します。これは、人と人の接触、または汚染された食べ物や水を食べたり飲んだりして起こります。
A型肝炎の症状が出ていなくても、感染を広げてしまう可能性があります。実は、A型肝炎は症状が現れる前に最も伝染性が高まります。
また、汚染された物を食べたり、汚染された水を飲んだりすることで感染することもあります。汚染された食物と水は途上国で多くあります。A型肝炎が多い地域を旅行する場合、生の果物や野菜、貝類、氷、未処理の水を飲んだり食べたりしないでください。

A型肝炎のリスクが高いのは?

A型肝炎のリスクが高いのは、次の場合です。
・A型肝炎感染者と一緒に生活する、またはセックスをする
・A型肝炎感染例が多い国への旅行
・他の男性とセックスしている男性
・違法薬物の使用
・血友病などの凝固因子障害がある

診断

A型肝炎の症状があれば、医師に相談してください。病気があるかどうかを調べるために、血液検査を受けることができます。

治療

A型肝炎を治療するための特定の薬はありません。ウイルスに感染している場合、最終的には自分自身でウイルスを取り除くことになります。回復するまで、おそらく数カ月間かかります。
肝臓を治すために、十分な休息を取って、バランスの取れた食事を食べてください。また、アルコールとアセトアミノフェンを避けるべきです。処方薬、市販薬、ビタミンやサプリメントを服用する前に、医師に相談してください。アルコール、アセトアミノフェン、その他の医薬品、ビタミン、サプリメントは、肝臓に大きなダメージを与えることがあります。
脱水や重度の痛み、突然の意識障害、出血が発生した場合は、短期間入院する必要があります。

予防

A型肝炎ワクチンについて医師に相談してください。この注射は、1歳以上であれば安全で、最大20年間効果があります。
また、トイレを使用した後、おむつを交換した後、調理の前後に、石けんとぬるま湯で手を洗うことを心がけてください。そして、食べる前に果物や野菜を徹底的に洗い、生や調理不十分な肉や魚を避けてください。

医師に相談するための質問

・どのような治療法がよいですか?
・治療が必要ですか?
・食事を変えるべきですか?
・服用を避けるべき薬はありますか?
・アルコールは飲めますか?
・家族がA型肝炎になるのを防ぐには?
・他のタイプの肝炎を発症する危険性が高いですか?
・いつ医師に連絡すればよいですか?
・入院する必要がありますか?
・恒久的な肝臓の損傷がありますか?

この記事に含まれるキーワード

アセトアミノフェン(29) サイトメガロウイルス(5) A型肝炎(5) 肝炎(11) 急性肝炎(10) 慢性肝炎(8)