伝染性紅斑

2017/3/28

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

伝染性紅斑は、ヒトパルボウイルスB19によって引き起こされる軽度のウイルス感染です。伝染性紅斑は、現代のワクチン時代以前に子どもに発疹を引き起こした病気のうち5番目に挙げられたので、その名前が付けられました。言及した4つの他のものは、麻疹(はしか)、水疱(水痘)、風疹(3日間の麻疹、三日ばしか)およびバラ疹です。また、顔に現れることがある発疹のために、5番目の病気は「叩かれた頬の病気」または「顔面の病気」と呼ばれることがあります。第五の病気の医学的名称は、伝染性紅斑です。
約半数の人が、小児期または10代の間に伝染性紅斑に罹ります。いったん伝染性紅斑になったら、もう一度病気になる危険性はありません。

症状

伝染性紅斑の最も一般的な症状は、最初に顔に現れ、その後(1日後)身体の腕、脚および胴体に現れる赤い隆起した発疹である。子供は発熱、喉の痛み、頭痛などの発疹の前に軽度のインフルエンザ様または感冒様の症状を示すことがあります。
ウイルスに感染した大人は通常、発疹を発症しません。代わりに、手、手首、膝、足首の関節痛や腫れを経験する可能性が高いです。これは数ヶ月続くことがありますが、通常は1〜2週間後に改善します。しかし、大人の中には何の症状もないことがあります。
発疹は3週間も見られないかもしれませんが、症状は、曝露後約4〜14日に現れます。感染した人々の約20%は症状がなく、ほかの人は、典型的な伝染性紅斑とちがった症状を呈することがあります。伝染性紅斑の発疹は通常2週間以内に消えます。それは中央から外側に向かって消えて、ぼんやりとした外観になります。しかし、日光、熱、運動、発熱、ストレスによって数週間後に再発することがあります。

原因

伝染性紅斑にかかるのはどんな人?

伝染性紅斑は、一般に5歳から7歳の子供に影響を及ぼし、春に最も一般的です。
以前に伝染性紅斑に罹っていない成人は罹ることがありますが、多くの成人は子供のときに罹っていて免疫があります。

伝染性紅斑の拡散

伝染性紅斑は、ウイルスを運ぶ唾液または粘液と接触することによって広がります。たとえば、咳、くしゃみ、または物品を共有することによって広がることがあります。手洗いを頻繁にすると、ウイルスの拡散を抑えることができます。ほかの発疹病(麻疹など)とは異なり、症状が出現すると、もはや伝染性ではなくなります。
伝染性紅斑はパルボウイルスによって引き起こされますが、それは犬や猫に感染するのと同じタイプのパルボではないので、ペットからうつる危険はありません。

診断

医師は、発疹のパターンを調べることで、伝染性紅斑に罹っているかどうかを知ることができます。また、パルボウイルスに対する抗体(体が感染に反応して作るタンパク質の一種)を調べるために血液検査を行います。血液検査は通常必要ではありませんが、伝染性紅斑の合併症のリスクが高いほかの症状がある場合は行うことがあります。

治療

伝染性紅斑のほとんどの症例は軽度であるため、唯一の治療は症状を緩和することです。
小児の発熱およびインフルエンザの症状は、アセトアミノフェンで治療することができます。
関節痛や腫れがある成人は、休息して活動を制限する必要があります。医師の推薦があれば、アセトアミノフェン、アスピリンまたはイブプロフェンのような薬を服用したいと考えるかもしれません。ライス症候群と呼ばれる重篤な病気を引き起こす可能性があるため、18歳未満の子供には避けてください。

合併症

伝染性紅斑は通常合併症を引き起こしませんが特定の場合、次のようなことがあります。

妊娠

伝染性紅斑に曝されている妊婦は、かかりつけ医に連絡するべきです。妊婦の約5%において、赤ちゃんは重度の貧血を発症し、流産や死産が起こります。治療の選択肢には、胎児への輸血やウイルスを治療するための医薬品が含まれます。妊娠している場合は、伝染性紅斑を避けるための特別な処置が必要かどうかについて医師に相談してください。伝染性紅斑の感染は、先天性欠損または精神遅滞は引き起こしません。

弱い免疫系

免疫システムに問題がある人、移植を受けた人または癌に罹っている人は、感染と戦うための特別な治療が必要な場合があります。

慢性貧血

鎌状赤血球症またはほかのタイプの慢性貧血を患っている人は、血液に問題があり、体に酸素を運ぶ能力に支障をきたします。伝染性紅斑に罹ると、輸血を必要とする重度の貧血を発症することがあります。
(注:これらの人は、典型的な伝染性紅斑の発疹はめったに発生しません。)

その他

伝染性紅斑はまた、伝染性の関節炎を含むほかの疾患と関連しています。

医師に相談するための質問

・妊娠しました。赤ちゃんを安全に保つためには、何をする必要がありますか?
・どのような治療法が最適ですか?
・どのくらいの期間伝染しているのでしょうか?
・どのくらいの期間、子供に学校を休ませるべきですか?
・子供をより快適にするために何ができますか?
・子供の学校に伝染性紅斑に罹っていると知らせるべきですか?
・外で時間を過ごすと発疹が再発します。それは普通ですか?

この記事に含まれるキーワード

アセトアミノフェン イブプロフェン アスピリン 伝染性紅斑