次亜塩素酸水の特徴は?使い方や注意点も解説します

2019/9/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

次亜塩素酸水は高い殺菌効果や消臭効果があり、国から食品添加物としても認められています。そこで今回は、次亜塩素酸水の特徴や使い方などをご紹介します。

次亜塩素酸水ってどんなもの?

次亜塩素酸水は、食塩水や塩酸を電解することによって得られる水溶液で、高い殺菌効果と消臭効果があるといわれています。また2002年6月より、厚生労働省から食品添加物として承認を受け、その使用基準や成分規格が定められています。人の体内でもつくられる次亜塩素酸は、細菌を攻撃する免疫においても使われていることで知られています。

また有機物と接触することによって水に戻るため、環境や人に対して安全性が高く、食品添加物としては殺菌料として野菜の色の維持、調理器具などの消毒などに、医療分野では強酸性電解水として医療機器を消毒するためなどに使われています。また家庭ではキッチンやトイレなどの殺菌・消臭、ペットの臭い対策、室内の空間除菌などに使われます。そのほか、食品工場や病院、介護施設など、さまざまな場所で広く使用されています。また、他には主に以下のような特徴があります。

安全性が高い

  • 直接目に入ったり、肌に触れたりしても特に問題ない
  • 万が一少量飲んでも、害がない
  • 有機物と触れることで分解するため、残る心配もない

高い殺菌・消臭効果

  • ほとんど全ての細菌やウイルスに対して除菌効果があるとされる
  • 有機物と接すると分解するため、消臭効果も期待できる

次亜塩素酸水って、どうやって使うの?

次亜塩素酸水には、主に以下のような使い方が挙げられます。

キッチンやトイレなどの除菌、消臭

三角コーナーやシンクの除菌、まな板や包丁など調理器具の除菌などに活用できます。またトイレにおいては便器や床、壁などへスプレーすることによって強い消臭効果が期待できます。またその高い消臭効果から、ごみ箱など臭いの気になるところへの利用も適しています。

100~200ppmの濃度に薄めたものをスプレーボトルに入れておくと、キッチンまわりやテーブルの除菌など、さまざまなところで使うことができます。また50ppmに薄めて加湿器に入れることで、消臭や空間除菌に効果的です。ただし、加熱式の加湿器では使用できない場合などもあるため、注意が必要です。

ウイルス対策

次亜塩素酸水は、ノロウイルスやインフルエンザウイルスを殺菌するために有効といわれています。名前の似ている「次亜塩素酸ナトリウム」もウイルスに対する殺菌効果がありますが、強いアルカリ性という性質があります。そのため、金属を腐食させる、肌のタンパク質を溶かすなど、取り扱いには注意しなければなりません。

この点、次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムと比較するとノロウイルスへの効果が数十倍という検証結果があるため、安心して使用することができます。ただし、次亜塩素酸水は有機物と接すると水に戻るため、ノロウイルスに感染した人の嘔吐物などを一度綺麗にし、水拭きをした後にスプレーをするなどの方法が効果的です。またインフルエンザウイルス対策として消毒用エタノールを使った場合には手が荒れることがありますが、次亜塩素酸水では皮膚への影響もなく安心して使うことができます。

アレルゲンの除去

花粉やダニなどに含まれ、アレルギー症状を引き起こす物質のことをアレルゲンといいます。花粉は部屋の換気時や外出の際に着ていた衣服に付着するなど、普段の生活から容易に室内へ入り込まれます。次亜塩素酸水のスプレーをすることにより、空中に浮遊している花粉とくっついて落下させることができると考えられています。また、衣服にスプレーすることによっても、アレルゲンを効果的に除去することができるといわれています。

次亜塩素酸水を使うときの注意点は?

次亜塩素酸水を使う場合には、主に以下のようなことに注意しましょう。

手洗い

次亜塩素酸水には手を洗浄するはたらきはないため、通常通り石鹸やハンドソープなどで手を洗った後に、次亜塩素酸水を使って殺菌・除菌しましょう。

治療

次亜塩素酸水はカビの一種である真菌にも殺菌効果が期待できるため、カビを原因として発症する水虫にも効果的とされています。また、次亜塩素酸水は口腔内の洗浄や虫歯予防などにも有効とされています。ただし、次亜塩素酸水による水虫の治療や虫歯予防などに医学的根拠はない上、次亜塩素酸水は医薬品・医薬部外品として認められているものはないため、どちらも自己責任で行いましょう。

使い方

次亜塩素酸水は直接微生物に触れることで、殺菌・除菌効果を発揮します。次亜塩素酸水を使う場合には、油汚れなどの汚れは事前に取り除いてから殺菌・除菌したい箇所にスプレーしましょう。

保存方法

次亜塩素酸水は、温めるとより効果が得られるといわれています。ただし、高温下にさらされる、直射日光に当たる場合には次亜塩素酸水の濃度が低下すると考えられます。したがって、遮光した場所で常温で保存してください。またその際、小分けにして早めに使い切りましょう。

おわりに:次亜塩素酸水は高い殺菌効果と消臭効果をもち、安全性が高い

次亜塩素酸水はその安全性の高さから、家庭や介護施設、病院などさまざまな場所で使われています。注意点を考慮し、ウイルス対策や除菌などに活用しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

次亜塩素酸水(3) 次亜塩素酸水の使い方(2)