次亜塩素酸水とは?次亜塩素酸ナトリウムと何が違うの?

2019/10/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

消毒薬といえばアルコールが比較的安全で殺菌力も高いとして、さまざまな場所で使われています。また、医療機関では細菌やウイルスの種類によって消毒薬を使い分けています。
そんな消毒薬の一つに、「次亜塩素酸水」というものがあります。似たような名前の物質に「次亜塩素酸ナトリウム」がありますが、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは異なります。この記事ではこれらの違いや、次亜塩素酸水の使い方についてご紹介します。

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水とは、「次亜塩素酸ナトリウム」と「希塩酸」と「水」を混ぜて作った生成水です。さまざまな細菌やウイルスを除菌できますが、合成界面活性剤などの化学合成物質を使っていないため、人体への影響はなく、万が一目や口に入っても安全なのが特徴です。

もともと、次亜塩素酸水は塩化ナトリウム水溶液や塩酸水、塩酸と塩化ナトリウムの混合液などを電気分解して作られており、人体への影響がないことから、医療機関での手術者や介助者の手指消毒、医療器具の洗浄・消毒、食品加工や関連機器、手指の消毒などに使われていました。次亜塩素酸ナトリウムに希塩酸を混ぜて作ったものも、殺菌機能的には同じであると考えられています。

細菌やウイルスを不活化できる理由は、メインの殺菌力を発揮する次亜塩素酸(HClO)のほか、オキシドールとして古くから消毒薬に使われていた過酸化水素(H2O2)、ヒドロキシラジカル(OHラジカル)などの成分が細菌やウイルスの細胞膜・タンパク質・核酸などに作用し、損傷を与えるからだと考えられています。

また、医療器具の洗浄・消毒に認められてから20年以上経っていますが、使い続けてもこれまで耐性菌の出現は認められなかったことがわかっているほか、今後も理論的には耐性菌の出現は考えられないと判断されています。しかし、有効塩素濃度が規定未満の場合は十分な殺菌効果を得られないため、使う前には必ず有効塩素濃度を確認したほうがよいでしょう。

とくに、アルコール(手指などの消毒)やポピドンヨード(うがい薬)では殺菌できないボツリヌス菌、ウェルシュ菌、破傷風菌などの強力な菌や、ノロウイルスなどの感染力が強い菌にも殺菌効果を発揮することから、より人体への影響が少なく、より人体に有害な菌やウイルスを殺菌できるとして注目されています。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは?

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は、字面としては似ていますが、性質は全く違うものです。最大の違いは、次亜塩素酸水は人体への影響はなく安全なものですが、次亜塩素酸ナトリウムは皮膚に触れると火傷のようなケロイド症状を引き起こすという非常に危険な薬剤であるということです。

その他にも、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムには以下のような違いがあります。

項目 次亜塩素酸水 次亜塩素酸ナトリウム
主成分 次亜塩素酸 次亜塩素酸イオン
pH pH5.0~6.5(弱酸性) pH12以上(強アルカリ性)
使い方 原液のまま 使用用途により、100~10000倍に薄める
臭い 基本的に無臭だが、反応時に塩素臭 強烈な塩素臭
用途 衣服・手指・器具・空間などの除菌・消臭 器具・容器などに限定して使う漂白剤
安全性 目や口に入っても害がなく、口腔衛生にも使える 金属を腐食したり、トリハロメタンを生成するため取り扱いには十分注意する
刺激性・毒性 なし 刺激性あり、酸と混ぜると有毒ガスが発生
殺菌力 効果大。あらゆる微生物を不活化 100ppm以上の高濃度にすればあり
消臭力 効果大:臭いそのものを分解する 効果小:塩素臭が残る

このように、次亜塩素酸水は除菌・消臭に大きな効果を発揮する安全な生成水ですが、次亜塩素酸ナトリウムは主に漂白作用をメインとする人体や生物には有毒な物質です。一般的に広く使われる次亜塩素酸水は食品添加物としても使われるレベルの80ppmや、医療機関で使われる200ppmのものが多いですが、原液と呼ばれる400ppmであっても皮膚に付着しても人体に影響はなく、安全であるとされています。

一般的に、医療関連施設では細菌の種類に応じ、アルコールやクレゾール、グルタールアルデヒドなど、さまざまな消毒薬を使い分けていることが多いです。しかし、次亜塩素酸水はこれらの消毒薬で除菌できるほとんどの菌に作用し、同じような除菌効果を発揮できることがわかっています。

次亜塩素酸水の使い方は?

次亜塩素酸水は、用途によって異なる濃度のものを使うと良いでしょう。

ハンディスプレー
外出時にも手軽に持ち運びOK。いつでも除菌・消臭できる
50ppm程度:口腔ケア・消臭・ウイルス対策などに効果的
家庭用スプレー
調理器具の除菌、洗濯機やお風呂場のカビ対策、トイレの除菌・消臭、生ゴミや汚物などの除菌・消臭など
100ppm程度:焼き肉、トイレ、タバコ、寝室などの消臭に
200ppm程度:キッチンや台所周り、その他の除菌・消毒に
400ppm(原液):あらゆる家具や空間の除菌・消臭ほか、ウイルス対策
噴霧器・超音波加湿器に入れる
乾燥した室内を加湿・消臭・空間除菌できて一石二鳥になる
50ppm程度:手軽に室内を空間除菌・消臭できる
拭き掃除
床や家具、子どものおもちゃなど、どこにでも使える
50ppm程度:赤ちゃんが口に入れてしまうようなおもちゃ、ペットのエサ容器など
200ppm程度:ゴミ箱やエアコンの除菌・消臭に
400ppm:汚物処理や処理後の除菌にも使いやすい

食品添加物にも使えるレベルの次亜塩素酸水は、厚生労働省の基準によって80ppmまでが確実に安全な範囲内とされています。つまり、口腔内の衛生や空間消臭など、体内に直接入る部分に使うのであれば、この濃度までの次亜塩素酸水を使うと良いでしょう。

ただし、感染症の吐瀉物・排泄物などの汚物処理に使う場合や、お風呂場のカビ取り、トイレの便器内清掃などは、確実に菌を除菌・滅菌したい状況です。この場合は、400ppmの原液をはっきりと水滴がついて垂れるくらいにたっぷり使いましょう

次亜塩素酸水を使うときの注意点は?

次亜塩素酸水を使うときは、以下のような点に注意しましょう。

  • 除菌する前に汚れは洗浄しておく(特に油汚れ)
  • 清掃に使う雑巾は清潔な状態のものを使う
  • 有機物の多い場所や食材は、必要に応じて使う次亜塩素酸水の濃度を濃くしたり、流水にしたりする
  • つけ置き洗いの際は、撹拌するなどして微生物と次亜塩素酸水が直接触れるようにする
  • 余った次亜塩素酸水は冷暗所で保管し、使う分だけ小分けにして使う
  • 高温所や直射日光で濃度が低下するほか、時間経過でも濃度が低下するので、早めに使い切る
  • 密閉容器で冷暗所で保管していた場合でも、使用期間の目安は約3カ月
  • 塩素系の除菌剤ではあるものの、漂白作用はほとんどない
  • 他の薬品や洗剤と混ぜて使用しない

次亜塩素酸水は、微生物に直接触れることで除菌・殺菌作用を発揮します。しかし、反面、菌やウイルス以外でも、有機物に触れると反応してどんどん消費されていってしまいます。そのため、汚れが残っている場所に使用しても十分な殺菌効果は得られません。まず、その場所に付着している汚れは洗浄してから使いましょう。とくに、油汚れは次亜塩素酸水を弾いてしまうため、殺菌力はさらに弱まります。

同じ理由で、食材を殺菌する場合でも必要に応じて次亜塩素酸水の濃度を濃くしたり、調理器具をつけ置き洗いにするときは何度か撹拌するなど、微生物と次亜塩素酸水が直接触れるようにする工夫が重要です。

また、次亜塩素酸水は高温や直射日光、時間経過によってどんどん濃度が低くなっていってしまいます。このため、余った次亜塩素酸水の保管は冷暗所で行い、約3ヶ月以内には使い切るようにしましょう。そして、単体で使うには安全なものですが、他の洗剤や薬品と混ぜると思わぬ化学反応を起こす可能性もありますので、他の洗剤などと混ぜずに使いましょう。

おわりに:次亜塩素酸水は安全で強力な消毒薬だが、長期保管には向かない

次亜塩素酸水は、人体への影響がなく、80ppm以下なら口腔内や食品衛生にも使えるほど安全性の高い消毒薬です。また、400ppmの原液はノロウイルスなどの強い感染性を持つウイルスの除菌などにも使え、強力な殺菌力を発揮します。

反面、時間経過で濃度が下がっていって殺菌力もなくなっていってしまうため、長期保存には向きません。余った場合は冷暗所で保管し、早めに使い切るようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

次亜塩素酸ナトリウム(10) 耐性菌(11) 次亜塩素酸水(3) 次亜塩素酸水の使い方(2) 次亜塩素酸水の使用期限(1)