ネキシウム®︎ってどんな薬?副作用はあるの?

2019/12/3

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

吐き気や胃の痛み、胃腸炎などの症状に対し処方されるお薬の一種に「ネキシウム®」があります。
今回はネキシウム®がどのようなお薬なのか、その作用のメカニズムと効き目、特徴、起こり得る副作用と使用上の注意点まで、まとめて解説していきます。

ネキシウム®︎ってどんなときに飲む薬?

ネキシウム®は胃酸の分泌を抑え、胃の痛みや炎症、また炎症による胸焼け、胃潰瘍、逆流性食道炎などの症状を和らげる効果のあるお薬です。また胃酸の過剰分泌やアスピリンや非ステロイド性抗炎症薬などの鎮痛剤による影響、ヘリコバクター・ピロリ菌による胃痛の緩和にも有効です。胃酸の分泌に関わっている胃粘膜の酵素(H+、K+_ATPase)と結合することで、胃酸の分泌を抑えることで効果を発揮します。

薬の種類としては、強力な胃酸の分泌抑制作用のあるプロトポンプ阻害薬・PPIに分類され、近年では胃潰瘍や逆流性食道炎の第一選択薬となっています。効き目に個人差が少なく、安定した臨床効果が期待できることと、プロトポンプ阻害薬で唯一、小児への用法・用量制限がされている点を特徴として挙げることができます。

ネキシウム®︎服用時に起こりうる副作用は?

ネキシウム®は比較的副作用の少ないお薬ですが、服用時には、以下のような副作用が起こるリスクがあります。

ネキシウム®服用により、起こり得る副作用の例
肝機能値の異常、頭痛、めまい、下痢、軟便、便秘、味覚障害

また発症頻度は少ないものの、人によっては、ネキシウム®服用により以下のような重篤な副作用が起こる可能性があります。
このような症状の兆しが見られたら、すぐに医師または薬剤師に相談してください。

ネキシウム®服用により起こり得る、重篤な副作用の例
  • 蕁麻疹や全身の赤み、呼吸困難、意識障害などを伴うアナフィラキシーショック症状
  • 発熱や出血、倦怠感、皮膚や粘膜の炎症や痛みを伴う重い血液成分の異常
  • 倦怠感、食欲不振、黄疸、発熱、尿の異常などが現れる肝機能障害
  • 息苦しさ、空咳、息切れ、発熱などを伴う間質性肺炎
  • 手足のこわばりやしびれ、筋力低下、筋肉痛、脱力などを伴う横紋筋融解症
  • 尿の異常、むくみ、倦怠感、吐き気、背中や側腹部の痛みを伴う腎臓障害
  • 意識がもうろうとする、異常な混乱・興奮の症状が見られるせん妄や錯乱

ネキシウム®︎を飲むときの注意点は?

以下の条件に当てはまる人は、ネキシウム®服用による副作用が現れやすいです。服用には注意が必要ですので、必ず処方前に医師に自身の持病や体質について報告・相談して、慎重に服用してください。

ネキシウム®服用に注意が必要な人の特徴
  • もともと肝臓の働きが悪い、または肝機能値の異常、肝臓病がある人
  • 体力と内臓の能力が弱っている高齢者

また、以下のような薬とネキシウム®を併用すると、どちらかの薬の効果を増幅・減少させたり、副作用が現れやすくなるので注意が必要です。

ネキシウム®との飲み合わせに注意が必要な薬やサプリメント
  • 一部の抗エイズウイルス薬
  • ジアゼパム、フェニトイン、シロスタゾール、ワルファリン、タクロリムス、メトトレキサート、ジギタリス系の強心薬
  • 抗真菌薬のイトラコナゾール、ボリコナゾール、高悪性腫瘍薬のゲフィチニブ、ニロチニブ、エルロチニブ、抗血栓薬のクロピドグレル
  • セイヨウオトギリソウ、別名セント・ジョーンズ・ワートを含むサプリメント類

ネキシウム®は医師の判断・指示を仰ぎながら、症状にあわせ慎重に服用してください。

おわりに:ネキシウム®は胃酸の分泌を抑え、胃の炎症や潰瘍を治療する薬

ネキシウム®は胃粘膜に存在する酵素と結合し、胃酸の分泌を抑え胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎による痛みや不快症状を軽減する薬です。強力な胃酸分泌抑制作用のあるプロトポンプ阻害薬であり、小児への用法・用量制限が設けられていますが、副作用が現れることは少ないとされます。近年では胃潰瘍や逆流性食道炎の第一選択薬となっていますが、人によっては副作用が出ることもあるので、医師に指示された用法・用量を守り服用してください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

薬の副作用(27) 胃薬(9) ネキシウム(1)