認知症の転倒リスクを避けるにはどうすればいい?

2021/3/7

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

認知症が進行すると脳だけでなく、徐々に体の機能も低下します。このため転倒は、認知症介護のうえで注意すべき重大なリスクと言えます。今回は認知症の転倒リスクについて、予防のために気を付けるべきポイントを解説します。

認知症の人は転倒しやすいって本当?

認知症の人は、そうでない高齢者に比べ実に2倍以上転倒しやすいとされます。認知症の人の転倒が多くなる背景として、症状の進行と治療のために、心身に以下のような悪影響が及ぶためと推測できます。

認知症の人が転倒しやすくなる理由

  • 症状が進行すると、筋力や平衡感覚にまで影響が及ぶ
  • 症状を抑えるための向精神薬の副作用で、慢性的なめまいやふらつきを生じやすい
  • 自分の身体機能も正しく認知できなくなり、歩けないのに歩こうとしてしまう
  • 空間への認識機能が衰え、階段や段差に対応できずつまずいてしまう

上記の理由から、認知症の高齢者は歩きやすく見える何もない室内や、ちょっとした段差だけでも、転びやすくなってしまうのです。

また、高齢者は骨粗鬆症を生じやすいため、転倒で骨折するリスクも非常に高くなります。もし認知症の高齢者が転倒・骨折した場合、骨折の部位によっては寝たきり状態になって、さらに認知症を悪化させてしまうきっかけにもなり得るのです。

転倒予防のためにどんなことに注意すればいい?

認知症の高齢者が転倒するのを防ぎ、さらに骨折で認知症が悪化するリスクを減らすためには、家の中に転倒と骨折への予防策を講じるのが効果的です。まずは以下の転倒事故が起こりやすい場所に、転倒防止対策をとりましょう。

高齢者が、室内の転倒事故を起こす場所の割合

居間、茶の間、リビング…20.5%
玄関、ホール、ポーチ …17.4%
階段         …13.8%
寝室         …10.3%
浴室         …6.2%

具体的には敷物や敷居などのちょっとした段差をなくす、滑りやすい床やフローリング、浴室には手すりを付けるなどの対策が有効です。転倒しやすい場所を通らずに済むよう、生活導線を見直すのもよいでしょう。あわせて、転倒してしまった際の骨折のリスクを少しでも下げるために、衝撃を和らげるヒッププロテクターなどを常時着用させるのもおすすめです。

転倒・骨折から認知症を悪化させることのないよう、周囲が可能な限り生活の環境を整えたり、移動するときは手を貸してあげたりすることも大切です。

おわりに:室内の認知症の高齢者が通る場所には、転倒予防の対策をしましょう

高齢者は骨粗鬆症を併発していることも多く、転倒から骨折するケースも少なくありません。転倒による骨折から寝たきりになると、認知症はさらに悪化してしまいます。認知症の高齢者を介護するときは、本人が行き来する室内を中心に手すりの設置や、段差をなくすなどの転倒防止策をとりましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

認知症(64) 転倒(10) 転倒予防(3)