五十肩とは!?~五十肩とはどんな病気?②

2017/7/19

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

前回の記事では、五十肩とは何かについてお伝えしました。今回の記事では、病院に行ったときの、五十肩の診断や治療について詳しくみていきます。

五十肩の診断とは?

体の動かしてみて、肩の動きに制限され痛みが伴っている場合、五十肩の疑いがあります。五十肩が疑われた場合、痛みやこりなどの症状が、関節炎や骨折などで起こっていないかを確認するために、レントゲン撮影が行われます。

医師が問診のときに確認する主な内容は以下の通りです。
・いつごろそれらの症状が始まったのか(特に症状が出る前に転倒や事故などがあったかどうか)
・痛みのひどさ
・首の痛みなど、他に症状はないか
・痛みで眠れない、途中でおきてしまうなど、睡眠に支障が出ていないか
・痛みを和らぐもしくは悪化する特定のきっかけなどはあるか
・他に病気を持っていないか、または何か服用している薬があるか

触診と可動域検査

問診のあと、医師は、さらに詳しく状態を調べるため、触診と可動域検査を行います。可動域検査とは、関節が(この場合肩関節)が、どの方向にどの程度伸ばせるか確認する検査です。

触診は、部位ごとで痛みがどのような違っているのかを確認するための検査です。五十肩の検査では、肩のさまざまな部分に圧力をかけながら触診を行うこともあります。そのほか、腫れやあざ、筋肉の消耗があるかどうかも、見落としがないように丁寧に確認していきます。

そのほかの検査について

レントゲンでは発見できないような障害、例えば、腱板断裂や関節炎によって生じた傷み、肩の周りの靭帯の損傷などが疑われる場合には、超音波スキャンやMRIスキャンが行われることもあります。

また、整形外科的疾患以外の病気が原因で起こっている痛みである可能性をひとつずつ排除していくために、そのほかの検査が行われる場合もあります。たとえば、五十肩は糖尿病患者に多く見受けられるという特徴があるため、医師が疑わしいと判断した場合には、血液検査で確認します。

 

五十肩の治療は?

五十肩を患う人のほとんどは、仮に治療を受けなかったとしても時間の経過とともに回復します。しかし、適切な治療を受けることで、早期回復や痛み軽減、可動域の改善効果が期待できます。

治療方法については、五十肩の症状がどれだけ深刻で、状態が進行しているかによって違ってきます。

五十肩の治療として行われるのは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の投薬や服用、患部の温熱療法が一般的です。症状が治まった後に、痛みが出ない程度のやさしいストレッチからリハビリを開始し、少しずつ肩関節の可動域を広げていく理学療法も施していきます。また、急性期や痛みがひどい場合には、氷で冷したり鎮痛剤やコルチコステロイド注射などの処置が選択されるケースもあります。

もし半年経っても症状が改善されない場合は、手術をすすめられることもあります。

五十肩特有の肩の周りのこわばった組織をほぐすため、検討される術式は主に2種類です。

麻痺下治療と呼ばれる手術は、全身麻酔で眠った状態でこわばった組織を伸ばすように腕(肩)を動かしていく治療方法です。もうひとつは、切開しこわばった組織や瘢痕組織取り除く手術です。2つの手術は、同時に行うこともできます。

終わりに:五十肩は早めの治療が早期回復の鍵

もし五十肩が疑われるような症状がある場合は、なるべく早く病院を受診しましょう。医師による検査のもと、原因別に適切な治療を受けることができます。五十肩とは、多くの人がかかるものであり、特定の人だけの悩みではありません。五十肩の患者のほとんどが早期に適切な治療を受けることでよくなっています。肩に不具合がある場合は自己判断せず、必ず医師に相談してください。

この記事に含まれるキーワード

肩コリ(15) 治療(462) とは(8) 五十肩(9) 五十肩とは(2) 肩の痛み(6)