糖尿病のかたへ ~ 糖尿病治療で痩せるためのアドバイス②

2017/7/27

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

適切な食事は、血糖値の管理、体重の制御(痩せること)につながり、気分もよくなります。いくつかの有名な食事療法はまさにそうなるために役立ちます。自分の好きな食べ物を食べることができる、継続できそうなプランを選びましょう。

糖尿病治療で痩せる食事療法:基本から始める

食べものの量とカロリーに注意しましょう。揚げ物、甘いもの、甘い飲み物、そして塩辛いものや脂っこいものを制限しましょう。

その代わりに野菜、全粒穀物、脂肪分の少ないタンパク質、低脂肪乳製品、果物、健康的な脂肪分を適量摂るようにしましょう。

また、血糖値を安定させるために、数時間毎に食事をするとよいでしょう。

糖尿病治療で痩せる食事療法:低炭水化物

糖尿病だからといって、炭水化物をあきらめる必要はありません。炭水化物を制限する食事を試したいなら、医師に相談しましょう。2型糖尿病に低炭水化物がもたらす効果の研究は未だに様々なものがあります。

糖尿病治療で痩せる食事療法:地中海式の食事

地中海式食事は心臓に優しいと評価する専門家もいるようです。魚、鶏肉、ナッツ、オリーブオイル、豆類、そして全粒穀物、多くの果物と野菜を摂ります。ただし、生肉、バター、そして塩を頻繁に摂ることができません。また、ワインの一日の摂取量は、女性なら1杯、男性なら2杯までといわれています。

糖尿病治療で痩せる食事療法:DASH

栄養学の専門家はこの血圧を下げる食事プランを多くの人に薦めています。

DASHでは、果物、野菜、低脂肪の乳製品、全粒穀物、低脂肪肉、魚、ナッツ、豆類の大切さを強調しています(いくつか甘いものも認められています。これらを適度に食べなくてはならないのです)。

DASHが、運動を伴う全体的な減量プログラムの一部である場合、インスリン感受性を向上するという研究結果があります。

糖尿病治療で痩せる食事療法:ゾーンダイエット

ゾーンダイエットの目標は血糖値を一定にすることです。肉は40%が炭水化物、30%はタンパク質、30%は脂肪です。ゾーンとは3大栄養素によるカロリー配分を大体このゾーンに置く食事法ということです。

研究では、血糖コントロールと腰周りのサイズダウンによい影響を及ぼす可能性が示唆されています。

糖尿病治療で痩せる食事療法:消費ポイントを設定

この食事療法では、食べる時に「消費ポイント」を設定します。ほとんどの野菜は0ポイントですから、食べたいだけ食べて大丈夫とされています。ファーストフードとデザートはポイントが高くなります。この食事療法が効果的であるという研究結果があります。

糖尿病治療で痩せる食事療法:グルテンフリー

グルテンは小麦、ライ麦、そして大麦を含む穀物に含まれるタンパク質です。セリアック病の人は避ける必要があります。

一般的には、グルテンフリーのものを食べると体重が減りやすく、消化機能が向上し、エネルギーを増大することを助けてくれるといわれています。

しかし、こうした主張に科学的裏づけはありません。グルテンはサラダドレッシングからビタミンまで含まれています。この食事療法を行う場合は、医師に相談しましょう。

糖尿病治療で痩せる食事療法:ベジタリアンとビーガン

鶏肉、魚といった動物由来の食品を制限したり避けたりします。ベジタリアンは、通常の食事を摂っている人たちと比べ、より繊維質を摂ることができ、カロリーと脂肪の摂取量を抑えられます。

糖尿病治療で痩せる食事療法:断食

断食食事法は、ときどき食べるのをやめることで減量し、慢性的な病気に打ち勝つことを目的に行うことが多いようです。しかし、食事なしで長く過ごすことは、糖尿病の人には危険です。低血糖や脱水症状などの問題につながる恐れがあります。

おわりに:糖尿病治療で痩せる食事療法は賢く選択

食事療法にはさまざまあります。そしてその効果や副作用もさまざまです。医師と相談しながら、自分に合ったものを選びましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(271) ダイエット(245) 食事療法(41) 痩せる(32)