寝起きの胃痛はなぜ起きる? どうすれば予防できる?

2017/8/23

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

胃痛は胃の粘膜が炎症することで起こる症状で、胃の痛み・不快感・吐き気・嘔吐・食欲不振などの症状が見られます。
今回は「寝起きに発症する胃痛」について、原因や対処法をまとめました。

寝起きの胃痛の原因は?

朝起きてすぐに現われる胃痛――
主な原因として「前日の食べすぎ・飲みすぎ」「ストレス」「睡眠不足」の3つが考えられます。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

その1:前日の食べすぎ・飲みすぎ

食物が胃に入ると、胃はそれらを消化させるために胃酸を分泌させます。
胃に入った食べ物の量に比例して胃酸の分泌量が増えるため、胃酸によって胃粘膜が炎症するなどのダメージを受けることで痛みが生じると考えられます。

その2:ストレス

ストレスによって体のあらゆる期間を統制している自律神経が乱れてしまうことも、胃痛が生じる原因のひとつです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つのバランスによって成り立っていますが、ストレスを過剰に受けると副交感神経の働きが鈍くなります。
それが胃腸に影響して胃酸のコントロールが上手くできなくなるために胃痛が生じる場合があります。

その3:睡眠不足

睡眠不足になると胃を胃酸から守っている粘液の分泌が少なくなるので胃痛が起こりやすくなります。

また、睡眠不足は先述したように自律神経の乱れにも深く関わっているために睡眠時間が短いと交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、胃は正常に働くことができません。
そうすると粘液の分泌不足や胃酸過多が起こり、胃が炎症を起こして胃痛が起こります。

寝起きの胃痛はどう対処すればよい?

寝起きに胃痛が起きる場合、体を緊張・覚醒させる交感神経が優位になっていると考えられます。
体をリラックスさせるには副交感神経が優位の状態を作ることが大切です。
ぬるめのお湯で半身浴をする、ホットタオルを腹部に当てるなど、胃や全身を温めることで副交感神経が優位になりやすくなり、胃痛が緩和される効果が期待できます。

加えて、水や白湯を飲んで胃酸を薄めることも効果的とされる対処法です。
寝起きの胃痛の原因のひとつは過剰に分泌された胃酸です。
そのため、胃酸の量を減らせば痛みを和らげることができます。
起きて胃痛を感じたら、水や白湯をゆっくりと飲みましょう。

また、市販の胃薬を服用することも痛みの緩和に有効です。
ただし症状が長期化している場合は病院で診察を受けることをおすすめします。

寝起きの胃痛を予防するためには

寝起きの胃痛を防ぐためには、胃痛の原因を遠ざけることが効果的だと言えます。
以下の点を意識し、胃に優しい生活を送りましょう。

・就寝の2~3時間前には飲食を控える
・食事は腹八分目までにする
・睡眠をしっかりとる
・ストレスをためすぎない

おわりに:胃痛が長引くようなら病院で診てもらおう

胃痛が起こると嘔吐による脱水症状や食欲不振による栄養の不足など、様々な弊害が生じる可能性があります。
胃が回復するまでの間は、生活習慣を見直して胃を労わりましょう。

胃痛は市販の胃薬の服用や自宅での療法も可能ですが、中には胃癌や胃潰瘍などの重い病気が隠れている可能性もあります。
痛みが長引く場合は早めに医師の診断を受けてください。

この記事に含まれるキーワード

炎症(11) 胃痛(31) 自律神経(29) 胃酸(10) 寝起き(5)