関節リウマチの原因と発症リスクを上げる要因とは!?

2017/9/1 記事改定日: 2018/6/14
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

リウマチというとどんなイメージをもたれるでしょうか? 周囲にリウマチの患者がいない場合は、イメージはしにくいかもしれません。
節々が痛くなり、手指や足などが動かしにくくなる関節リウマチについて、原因と症状、発症リスクを上げる要因まで具体的にお伝えします。

関節リウマチの原因とは!?発症リスクが上がる要因にはどんなものがある?

関節リウマチは、自己免疫疾患の一つであり、これは、免疫システムが謝って正常な体内組織を攻撃することが原因となって起こります。しかし、何がこれを引き起こしているのかはまだわかっていません。
免疫システムは通常、細菌やウイルスから体を守り、感染と闘う手助けをしています。

しかし、関節リウマチに感染したら、免疫システムが関節を取り囲んでいる組織を攻撃してしまいます。その結果、関節の表面を覆っている滑膜が痛んで炎症を起こしてしまいます。そのまま炎症が進行すると、関節自体を破壊してしまうのです。

かかりやすい体質と、ウイルス感染を含む要因が引き金となっているのではないかと考えられてはいますが、その仮説はどれも証明されていません。

関節リウマチの発症リスクを上げるもの

関節リウマチを発症リスクを上げる可能性があるものとして、以下のものがあります。ただし、これらのリスク要因も、発症との因果関係が完全に証明されたわけではありません。

遺伝子
一卵性双生児などによる研究によると一つの遺伝子の異常で関節リウマチが発症するという可能性は低いようです。ただし、ある程度遺伝によって発症しやすさが変化する可能性があるとする説もあります。
ホルモン
関節リウマチは、男性よりも女性に3倍多くみられます。これはエストロゲンと呼ばれるホルモンが原因となっている可能性が指摘されています。
喫煙
喫煙者のほうが関節リウマチを発症するリスクが高いと考えられています。

食べ物やストレスが関節リウマチの原因になることもあるの?

関節リウマチは自己免疫疾患であり、発症に食べ物やストレスが関与しているとの因果関係は科学的には証明されていません。
しかし、免疫力が低下した状態では関節リウマチが悪化することがわかっていますので、可能な限り免疫力は正常に維持しておきたいものです。

免疫力を正常に維持するには日常生活で注意すべきことが多くあり、

  • バランスの良い食生活
  • 適度な運動
  • ストレス解消

などが非常に重要となります。これらの正しい生活習慣は関節リウマチだけでなく、様々な病気の予防にもつながりますので自身の健康維持のためにも普段から健康的な生活を送るように注意しましょう。

関節リウマチの症状 ― 気になる症状があるときは病院へ

関節リウマチの主な症状は

  1. 関節の痛み
  2. 腫れ
  3. 動かしにくさ
  4. こわばり

です。その他にも、全身や他の部位における炎症なども引き起こす可能性があります。

関節リウマチは、長い時間をかけてじわじわと発症することが多いですが、場合によっては数日間というスピードで進行することもあります。症状は個人によって異なります。現れたり消えたり、時が経つと変化することもあります。

関節に影響を及ぼす症状

関節リウマチは、主に関節に影響を及ぼします。手足にある小さな関節に、最初に症状が出ることが多いですが、体のどの関節にも問題を起こす可能性はあります。

関節リウマチは、体の中心線を挟んで、一般的に対称的(体の両側を同時に、また同じ程度で)に症状が出ることが多いですが、すべてがそうとは限りません。
主な症状を次に挙げます。

痛み

関節リウマチの関節の痛みは、たいていうずくようなひどい痛みです。朝やしばらく動かさなかった後などに特にひどくなります。

動かしにくさ

関節リウマチの罹患関節は、動かしにくくなります。例えば、もし手に症状が出ているのだとすれば、指を完全に曲げられなかったり、こぶしを握ることができないかもしれません。
関節の痛みのように、動かしにくさは朝やしばらく動かしていなかった後に特にひどくなります。朝の動かしにくさ(こわばり)は、関節リウマチによる関節炎の特徴です。

関節外の症状

今までに出てきた症状のほかに、関節リウマチを患っている人の中には、関節以外に全身的な症状が出る人もいます。

  • 倦怠感
  • 微熱
  • 発汗
  • 乏しい食欲
  • 体重減少

おわりに:関節リウマチのリスクを減らし、気になる症状が出たときはすぐに病院へ

今まで見てきたように、関節リウマチの原因ははっきりとはしていません。しかし、喫煙など発症の要因になると考えられるリスクファクターはあります。できるだけそのリスクを減らすように、日頃から工夫しましょう。
そして、気になる症状があるときは、早めに専門医を受診するようにしてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

関節リウマチ(21) リウマチの原因(2) 関節の痛み(2) リウマチ結節(1)