のどの渇きの原因とは?水分はどうやって補給すればいいの?

2017/11/27 記事改定日: 2019/3/7
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

いくら水分を摂ってものどが渇いて仕方がないとき、何かの病気が隠れているのではないかと心配になる人もいるでしょう。今回は、のどが渇く仕組みと注意すべき病気、効果的な水分補給の仕方についてご紹介します。

のどが渇くと感じる仕組みを知ろう

体の約60%が水分とされる人間の脳の中には、口渇中枢(こうかつちゅうすう)という部分があり、体から約2%の水分が失われると口渇中枢が刺激されます。すると、のどの渇きを感じて水分補給したくなります。体の水分の5%が失われると、脱水症状が現れるので要注意です。

のどの渇きを引き起こす原因は?

のどの渇きを引き起こす具体的な原因としては、以下のものが考えられます。

加齢
歳をとると自律神経の働きが低下し、唾液が排出されにくくなるため、のどが渇きやすくなります。また、更年期障害により短時間に大量の汗をかくことで、水分が排出され、のどの渇きにつながることもあります。
病気
尿崩症や乾燥症状を伴うシェーグレン症候群、糖尿病や腎疾患などの病気により、のどが渇くことがあります。アレルギー性鼻炎などののどのイガイガ感から、渇きを感じることもあります。
食事や嗜好品
口にしている物がのどの渇きの原因になることもあります。たとえば、脳は血液中の塩分濃度によってのどの渇きを感じるので、塩分の高い料理などはのどの渇きを強くしてしまうのです。
また、アルコールの利尿作用やカフェインやニコチンによる粘膜への刺激ものどの渇きの原因になります。

危ないのどの乾き、脱水の特徴

脱水が進行するとのどの渇きを自覚することがあります。
脱水によるのどの渇きは唾液の分泌量低下による口や舌の乾きを伴うことが多く、「水分を摂りたい」という欲求が高まるのが特徴です。

また、その他にもめまいや吐き気、息苦しさ、尿量の減少や濃縮などを伴い、さらに脱水状態が進行すると、脱力感や皮膚の紅潮、イライラ感の精神的な変調も現れるようになります。

脱水が疑われるときには、涼しい場所に移り、電解質を含む経口補水液などをたっぷりと摂るようにしましょう。
また、脱水は必ずしものどの渇きなどの症状が現れるわけではありません。
特に高齢者や小児は症状が現れにくいことがあります。さらに、脱水は汗をかきやすい夏場だけでなく空気が乾燥した冬に生じることも少なくありません。
どの季節であっても日頃からこまめに水分を摂るようにしましょう。

脱水を防ぐにはどうやって水分補給すればいい?

脱水を予防するには、以下のような水分補給をするようにしましょう。

  • 汗をかいた後や入浴後などは水分をしっかり摂るようにする
  • 特に大量の汗をかいたときには、電解質の含まれた経口補水液などを摂るようにする
  • 利尿効果のあるカフェインを含む飲料の多飲は控える
  • 起床時はのどの渇きがなくても、コップ一杯の水分を摂る
  • アルコールを摂る時には、同量の水分も摂取する

おわりに:こまめに水分補給することはもちろん、普段の水分摂取量も把握しておこう

もし水分を摂ってものどの乾きが癒えない場合、脱水などの何らかの病気が原因になっている可能性もあるので、すぐに医療機関を受診しましょう。こまめに水分補給することはもちろんですが、自分の普段の水分摂取量を把握しておき、体調管理に役立ててください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

原因(609) 水分補給(41) 病気(71) 喉(13) 渇き(2)