空気嚥下症(呑気症)になるとどんな症状が現れるのか?

2017/12/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

空気嚥下症とは、知らず知らずのうちに無意識に空気を飲み込んでしまうことです。空気を大量に飲み込むことになるので、げっぷやおならの回数が増え、腹部棒満感などの症状が現れるようになります。今回は空気嚥下症の症状と原因について解説していきます。

空気嚥下症(呑気症)について

空気嚥下症(呑気症)になると、げっぷの回数が多かったり、常に腹部に膨満感を感じているという症状が起こります。
空気嚥下症とは、唾液と一緒に無意識に空気を飲み込む量が増える病気です。どんな人でも食事の際には食べ物と一緒に空気を飲み込んでいますが、空気嚥下症の人は食事以外の時でも関係なく無意識に大量の空気を飲み込んでしまっています。そのため、げっぷ、腹部膨満感、吐き気などの症状が現れます。

この病気の原因は、主にストレスや口呼吸などが挙げられ、この病気と合わせて噛みしめる動作によって肩こりや頭痛が感じられる「噛みしめ呑気症候群」という症状がみられる場合もあります。

どのような症状が起こるか?

 

空気嚥下症になると、腹部膨満感、げっぷ、おなら、吐き気などの症状が現れます。
これは多くの空気を飲み込むことによって上腹部に現れた不快感を緩和するために、飲み込んだ空気をげっぷやおならで外へ出そうとするからです。しかし、げっぷやおならをしたら必ず腹部の膨満感が軽減するわけではありません。

原因は?

空気嚥下症が起こりやすくなる原因として、抑うつ、神経症、ヒステリー、ストレスといった精神的に不安定な状態であることが考えられます。しかし、空気嚥下症は他の機能性疾患と違って原因が明らかではないのが特徴です。そのため、精神的な不安定という原因以外にも、呼吸不全や心不全などの病気、早食い、姿勢の悪さ、口呼吸などが原因になっている可能性があります。

検査と治療法

空気嚥下症で病院にいくと、まず胃の状態などを問診で確認した後、腹部X線(レントゲン)やCT、胃X線造影、内視鏡、腹部超音波などで胃の中に空気が入っているかどうかや胃の中の様子などを調べます。
検査で空気嚥下症と診断されたら、治療へと入ります。
治療方法は、まずこの病気について理解するための認知行動療法から始まります。そして、精神的に不安定な状態をなくすために気持ちを落ち着かせる、早食いをやめてゆっくり食べるなど生活を見直して病気を治療していきます。

おわりに:原因ははっきりわかっていないが、日頃の行動や習慣の改善で治ることも

空気嚥下症についてご紹介してきました。空気を無意識に飲み込んでしまう空気嚥下症は、原因がまだはっきりと分かっていません。しかし、原因と考えられているストレスやヒステリーなどを改善することで改善が期待できます。まずは、精神が不安定になっていると感じたら、気持ちを落ち着かせるように心がけましょう。また、なるべく空気を飲み込まないように意識して生活することも大切です。

この記事に含まれるキーワード

げっぷ(18) 腹部膨満感(7) 空気嚥下症(4) 呑気症(4) 早食い(1)