繰り返す肩関節脱臼に要注意! ~ 反復性肩関節脱臼について ~

2017/12/5

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

反復性肩関節脱臼とは、肩の脱臼を何度も繰り返してしまうことです。これはちょっとした衝撃でも起こってしまうこともあるため、日常生活に不具合が生じます。この記事では反復性肩関節脱臼の原因や症状、治療についてまとめています。

反復性肩関節脱臼とは

反復性肩関節脱臼とは、関節脱臼を繰り返してしまう症状です。
本来、関節部は簡単には外れません。しかし何らかの大きな衝撃を加えられて関節部を構成する骨同士が外れて「脱臼」してしまう場合があり、一度脱臼を経験してしまうと脱臼しやすくなります。

肩関節は他の関節に比べて自由に動くぶん強度が弱いため、反復性肩関節脱臼が起こりやすい箇所となっています。
反復性肩関節脱臼の主な症状は、ちょっとしたきっかけや弱い衝撃で脱臼してしまうことです。状態が悪化すると肩をドアにぶつけてしまうだけで脱臼したり、寝返りをうったときやくしゃみなど、ごくわずかな衝撃であっても脱臼してしまうこともあります。
また反復性肩関節脱臼を放置すると変形性関節症になりやすいことが指摘されています。

反復性肩関節脱臼の症状

反復性肩関節脱臼が起こると関節への圧迫や痛みとともに安定感が失われ、不安定感を覚えるようになります。
不安定感とは、ちょっとした動作で関節が外れてしまう感覚や腕が抜けてしまうような感覚を覚えることです。体を動かすことに対して不安感を抱いたり、日常動作すら制限されてしまうこともあるためストレスの要因になります。

特にスポーツ選手の場合だと脱臼を気にして思い切ったプレーができなくなる、不安感からプレーに集中できなくなり、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。

また脱臼を繰り返すたびに痛みが小さくなるのも特徴です。最初の脱臼や亜脱臼では、激しい痛みやしびれを感じ腕に力が入れられませんが、脱臼を繰り返すことでクセになってしまい強い痛みを感じなくなる傾向があるといわれています。

肩関節脱臼を再発してしまう原因は

肩関節脱臼を繰り返すのは、関節を支える力が弱くなっているからです。
肩関節は、上腕部と肩甲骨をしっかりと支える靭帯や関節唇などの軟部組織によって支えられています。これらの軟部組織が脱臼や亜脱臼することで切れたり剥がれたり弛緩してしまうと、関節部を支える力が弱くなり、ごく小さな衝撃でも肩関節脱臼するようになります。
スポーツの中でも特に体を激しくぶつけるラグビーやアメフト、柔道などが再発しやすいと考えられます。次いでサーブやアタックするバレーボール、バドミントンやテニスなど、素早く腕を振り抜く動作で再発することが多いといわれています。

肩関節脱臼を治すためには

肩関節脱臼は、ギブスで長期固定させて治療します。リハビリで筋肉を鍛えて関節部の安定を高めることはできますが、一度損傷してしまった軟部組織を再生することはできません。
軟部組織の損傷がひどい場合は、手術で反復性肩関節脱臼の改善を目指します。
損傷した靭帯などを形成して関節部を支える機能を高める手術を関節鏡視下で行います。術後は可動域の改善と安定性を高めるリハビリが必要です。

おわりに:肩の脱臼を繰り返すときは、手術も視野に入れてみよう

肩を脱臼したあとに何度も脱臼を繰り返している場合、肩の軟部組織をひどく損傷している可能性があります。損傷が重度の場合は筋トレでは改善できないことも多いです。手術も視野に入れながら、医師と相談のうえ適切な治療を受けるようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

関節ねずみ(3) 肩関節障害(3) 反復性肩関節脱臼(2) 肩関節脱臼(1) 肩関節鏡下手術(1) 関節唇(1)