先天性股関節脱臼は後天的な原因で発症することが多い?!

2017/12/5

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

赤ちゃんが発症する病気の一種・「先天性股関節脱臼」は、実はその名前とは異なり、後天的な原因で発症することが多いといわれています。では、どんな原因で発症することがあるのでしょうか?以降で詳しくお伝えしていきます。

先天性股関節脱臼とは?

人間は、太ももの大腿骨の端にある骨頭という部分と、骨盤のくぼみである寛骨臼(かんこつきゅう)という臼から成る股関節によって、足を自由に動かせるようになっています。先天性股関節脱臼とは、生まれた時や生まれてから数カ月の間に、この大腿骨の骨頭が寛骨臼から脱臼した状態のことです。完全に脱臼しているものだけでなく、亜脱臼といわれる脱臼しかかっている状態も含む場合があります。

先天性股関節脱臼は、逆子で生まれてきた赤ちゃんや羊水が少なかった場合、多胎妊娠の場合に起こりやすいとされています。また遺伝的な要因も大きく関わっており、生まれつき股関節が脱臼しやすい形状の人もいます。女性の発症率が高く、男性のおよそ5~7倍の発症率です。

先天性股関節脱臼の特徴とは?

先天性股関節脱臼の特徴は、股関節がうまくはまっていないことで、膝を曲げて股を広げた時にポキッという音がすることがあります。また、片方だけに脱臼が起こっていることで足の長さが違ったり、太もものしわの数が違うという症状がでます。ほかに、赤ちゃんは正常な足の状態だと膝を曲げて足を開いているのでおむつがしっかりとおさまりますが、先天性股関節脱臼があるとおむつがしっかりとはまらないことがあります。

赤ちゃんの足は上向きに寝た時にカエルのように膝を曲げて足を開いている状態が自然な状態ですが、先天性股関節脱臼の場合は股関節が柔軟に動かないことで、足を曲げて膝を外側に開いた時に左右の開きに差がある、もしくは両方とも開きが悪くなったり、片足だけを引きずってハイハイをしたりすることがあります。先天性股関節脱臼があると歩きはじめが遅くなる傾向があり、足を引きずって歩くことがあります。

先天性股関節脱臼の原因の多くは後天的なもの?

生まれてくる時に逆子だったり、あるいは足を伸ばした状態で生まれてきたりすると、股関節が不自然な位置になることが原因で、股関節脱臼が起こりやすくなります。その他、ホルモンの関係や遺伝子などの先天的なものも、先天性股関節脱臼のひとつの原因と考えられています。

ただし、先天性股関節脱臼の原因のうち、先天的なものは1割ほどで、9割は後天的なものが原因で起こります。例えば、生まれた後に足を閉じるような姿勢で長時間過ごしていると、股関節脱臼を起こしやすくなります。具体的には、足を無理に伸ばしておむつや衣服をつけることや、足を伸ばした状態で抱っこ紐やスリングに入れることも、股関節脱臼を引き起こす原因です。ほかに、冬に厚着をさせて動きを制限することも、発症に関係するという説もあります。

赤ちゃんの足に違和感を感じたら、病院で診てもらおう!

赤ちゃんの足を見ていて違和感を感じた時には、病院で診てもらうことが重要です。赤ちゃんの関節は、大人よりも柔らかく簡単に外れやすい状態になっています。そのため股関節が外れそうになったり、外れてしまっても痛みが出ないことが多いのですが、放置しておくと骨の変形を起こしてしまいます。もしも心配になる症状がある時には医師に相談して診察や検査をしてもらいましょう。

おわりに:発見が遅れやすい先天性股関節脱臼。異変に気づいたらすぐ病院へ

先天性股関節脱臼を発症しても、赤ちゃんは特に痛そうな素振りを見せないことが多いため、発見が遅れる傾向にあります。ただ、放置すると骨の変形を引き起こす恐れがあるので、片足をひきずったり、左右で足の長さが違ったりといった異変に気づいたら、すぐに病院に連れていくようにしてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

多胎妊娠(4) 赤ちゃん(179) はいはい(4) 逆子(2) おむつ(7) 先天性股関節脱臼(4)