ダイエットで薬を服用するのはどんなとき? ~ 肥満症について ~

2018/1/1 記事改定日: 2018/2/28
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

肥満が進むと、医学的な治療が必要になる肥満症に発展する可能性があります。肥満症は生活習慣病のリスクを高め、深刻な病気を併発する可能性があるので注意が必要です。この記事では、肥満症の治療方法とともに、予防法を解説します。肥満気味の方はもちろん、なんとかしたい! と思う方もぜひご覧ください。

肥満が進むと「肥満症」という病気に

肥満症とは、医学的に見て減量治療をしなければならないと判断される状態で、一種の病気として捉えられます。

日本人の場合、BMI〔体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)〕の値が25以上になると、体脂肪が多い「肥満」とされます。そして、BMI25以上に加えて、以下の条件のいずれかを満たしていると、病院で肥満症と診断されます。

・肥満が原因、もしくは肥満と関連する「11の疾患」のうち、ひとつでも発症している
・「11の疾患」は発症していないが、CT検査で内臓脂肪の量が100平方cm以上ある

11の疾患とは、糖尿病、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、非アルコール性脂肪肝、月経異常・不妊、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、変形性膝関節症・変形性股関節症、肥満関連腎臓病です。

肥満症の治療は、生活習慣の見直しから

肥満症は、消費しているカロリーよりも、食べ物として摂取しているカロリーのほうが多いために起こります。言い換えると、消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らせば肥満症は解消する可能性がある、ということです。

そのため、肥満症を解消するためには生活習慣の見直しが必要です。でも、これまでの生活習慣を変えるのは、思いのほか難しいものです。また、無理なダイエットをして体調を崩したり、リバウンドしたりする可能性もあります。肥満症の治療を効果的に、かつ、健康を損なうことなく行うためにも、医師の指導を受けながらやせるのがおすすめです。まずは、体重の3パーセント以上の減量を目標にしましょう。

以下に、肥満症の治療法をご紹介します。

肥満症の治療:①食事療法

食事の内容や回数、食べ方などを見直すことで摂取カロリーをコントロールし、体重を減らします。主な指導は以下の通りです。

・1日3食しっかり食べる
・ゆっくり噛んで食べる
・肉(魚や卵)・野菜・ごはん(パンや麺)を、バランスよく食べる
・夜間に食べ過ぎない

肥満症の治療:②運動療法

身体を積極的に動かすと、消費カロリーが増えるので肥満症の解消につながります。最初はウォーキングや散歩、階段の昇り降りなど、気軽にできる運動から始めてみましょう。身体を動かすことに慣れてきたら、距離や時間を延ばしたり、回数を増やしたりしてみてください。
また、ウエイトトレーニングなどで筋肉量を増やすと基礎代謝も上がります。基礎代謝が上がると、身体を動かしていないときでもカロリーが消費されやすい体質になります。

肥満症の治療:③薬物療法

ほとんどの人は、食事療法と運動療法で体重が落ちるとともに、内臓脂肪が少なくなるので、血圧や血糖値が改善できると思います。しかし、食事療法や運動療法では症状を改善することが難しい場合、薬物療法も行うことがあります。

薬物療法が必要なのは、BMIが35以上の「高度肥満」と呼ばれる人たちです。高度肥満になると、必要以上の体脂肪が身体に負担をかけ続けてしまい、心筋梗塞、脳卒中などの致命的な疾病リスクが高まってしまうためです。

肥満症の解消のために使われる薬として、マジンドールがあります。この薬は食欲抑制剤として用いられるもので、日本国内で数少ない、厚生労働省の認可済みの「抗肥満症」の薬です。脳の食欲中枢に直接作用して食欲を減退させる効果があるため、摂取カロリーが減ると同時に肥満症も解消することができます。

ただし、この薬は依存性があるため、長期にわたって服用すると、食欲減退効果が薄れるおそれがあります。このため、服用は最大3カ月までと決められています。

肥満症を予防するためにできること

肥満症を予防するためには、食事や運動を見直して、太らない生活を心がけることが大切です。参考までに、以下に改善のポイントをご紹介します。

食事

・1日3食しっかり食べよう
・食事はゆっくり、よく噛んで食べよう
・脂肪(揚げ物、肉類)や糖分(清涼飲料水、お菓子など)の摂りすぎに気をつけよう
・アルコールは控えめにしよう
・夜遅い時間に食べるのは控えよう

運動

・駅ではエスカレーターではなく、階段を使おう
・ひと駅歩く習慣を心がけよう

おわりに:医師の指導のもとで体重を減らし、肥満症を解消しよう!

BMIが25以上になるとともに、肥満に関連する疾患も発症すると、肥満症という病気になります。肥満症になると、脳梗塞や冠動脈疾患など、命の危険が及ぶ恐れがあります。深刻な状態になる前に、医師の指導を受けながら食事の改善や運動に取り組み、体重を減らしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

肥満(81) BMI(20) 食事療法(41) 運動療法(30) 肥満症(2) マジンドール(1)