ドメスティック・バイオレンス(DV)の特徴を知ろう

2017/3/21

佐藤 典宏 先生

記事監修医師

産業医科大学第1外科

佐藤 典宏 先生

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、家族から受ける家庭内暴力のことを指しますが、昨今ではDVは婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人などから受ける暴力全般を指すようになっています。「暴力」には、身体的暴力、精神的暴力、性的暴力、経済的暴力が含まれます。
どんな人でもDVの被害者になり得ます。どのような行為がDVにあたるのか、その特徴を認識することは、DVを回避することもできるでしょう。

自分にされていることがDVかどうかを知るには?

あなたの配偶者や恋人が、以下のうち1つでも当てはまるのであれば、あなたはDVを受けている可能性があります。
□あなたが友人や家族に会うのを妨げてくる
□あなたが通学や仕事を続けること、始めること、行くことを妨げてくる
□常にあなたを監視していたり、あなたの後をつけてきたりしてくる
□あなたが浮気をしているとして、不当に非難してくる
□絶えずあなた見下してきたり、屈辱を与えたり、ほかの人の前で批判したり侮辱したりしてくる
□あなた自身が、あなたのパートナーを「恐い」と感じている
□あなたのパートナーが何をしてくるのか、どんなことを言ってくるのかを恐れて自身の行動を変えたことがある
□あなたの所有物を故意に破壊してくる
□あなたやあなたの子どもを傷つけたり、脅したりしてくる
□あなたとあなたの子どものために食べ物や必要なものを買うことができないように、お金が不足するよう仕向けてくる
□性的なものを含め、あなたが本当に望まないことを強制してくる

どのようなときにDVを受けやすいのでしょうか?

DVのおよそ3分の1が妊娠中に始まります。妊娠前に始まったときは、その妊娠中にさらに攻撃的になることがあります。

どのような状況であれ、DVの被害を受けた場合には、支援を受けることができます。DVの虐待の種類にはつぎのようなものがあります。

精神的虐待

・あなたのことを卑下したり、けなしたりしてくる
・虐待や口論の責任をあなたに押し付けてくる
・虐待を否定したり、軽くみなしたりする
・あなたを家族や友だちから孤立させようとしてくる
・あなたの気配りについて、理不尽な要求を突きつけてくる

脅迫および威嚇

・あなたを傷つける、あるいは殺すと脅迫してくる
・あなたの所有物を破壊する
・あなたを監視し、あなたの個人的な領域に踏み込んでくる
・自殺をする、あるいは子どもを殺すと脅迫してくる
・あなたのメールやメッセージ、手紙を勝手に読む
・あなたを意図的に悩ませてきたり、後をつけてくる

身体的虐待

・平手打ちをしてきたり、叩いたり、拳で殴ってくる
・押してきたり、突き飛ばしてくる
・噛み付いたり、蹴ったりしてくる
・あなたに火をつけてくる
・首を絞めてくる
・物を投げつけてくる
・あなたを床に押さえつけてくる

性的虐待

・あなたが望まないやりかたでからだに触れてくる
・あなたが望まない内容の性的要求を突きつけてくる
・セックスの際、からだを傷つけてくる
・セックスをするよう強制圧力をかけてくる
・安全でないセックスを強要してくる(たとえば、コンドームの不使用など)

DVを受けていると感じたら

もし自分がされていることがDVかもしれないと思ったときは、あなたを助けることができる人はたくさんいます。助けが必要な場合には、住んでいる地域の警察署、配偶者暴力相談支援センター、女性センターにすぐに電話しましょう!

おわりに:勇気をもって相談しよう!

DVは、家庭内で行われることから人の目につきません。また、夫婦や内縁関係、恋人といった関係からDVを受けている女性のほとんどは、暴力を受けても表沙汰にしない傾向があります。しかし、DVは単なる喧嘩ではなく「犯罪」です。ひとりで悩まず、我慢しないで、勇気をもって相談してください!!

この記事に含まれるキーワード

性的虐待(3) DV(4) ドメスティック・バイオレンス(3) 精神的虐待(1) 脅迫(1) 威嚇(1) 身体的虐待(1) 配偶者による暴力(1)