勃起不全の治療法:病院で行われる治療法を解説

2018/2/15

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

勃起不全は男性にとってデリケートな悩みであり、自力での回復が難しいとされる症状です。そのため、専門医の診断のもと、適切な方法で治療を進めていくことが重要です。この記事では、病院で行われる勃起不全の治療法を紹介します。

勃起不全を理解しよう

勃起不全という状態はその名前の通り、陰茎(ペニス)が十分に勃起できない状態をあらわしますが、その程度には個人差があります。
勃起不全の判断基準は様々ありますが、直近の6か月以内の勃起頻度を確認したうえで診断されます。症状にも、全く勃起できないのか、勃起できるときがあるがしにくい、勃起はするけれど満足のいく時間維持できず性行為に自信が持てないといったものまで、多様な症状があります。また同じ人でも、その時の状況によって違った症状があらわれることもあります。

脳に性的刺激が加わると脳からの信号が神経を介して陰茎に伝わり、陰茎海綿体に血液がたくさん流れ込むことで、勃起している状態になります。勃起不全は精神的なものが原因になることが多いといわれていますが、勃起するには血液が陰茎海綿体にたくさん入ることが必要不可欠なので、動脈硬化などにより血流が悪くなっていると勃起不全を起こすことがあります。

勃起不全の治療法:薬物療法について

最近では、勃起不全は薬剤を使用して治療をする人が増えているといわれています。薬物療法が人気のある理由としては、価格が安いこと、症状に合わせて自分で選べること、時間がない時に購入できるクリニックが増えたといったことが挙げられるでしょう。

代表的な薬剤として、持続時間が36時間と長いシアリス®が挙げられます。また、即効性があり食事の影響を受けにくいレビトラ®も使われやすい薬といえるでしょう。バイアグラ®も有名な勃起不全治療薬ではありますが、食事の影響を受けやすいという欠点があります。

治療用器具を使った代表的な治療法について

勃起不全の治療器具のひとつに陰圧式勃起補助具があります。これは筒状の器具の中に陰茎を挿入した後に、ポンプを使用して器具の中を陰圧の状態にして使う治療器具です。陰圧にすることで陰茎に強制的に血流をアップさせて勃起させ、その後陰茎の根元にゴムバンドをして勃起を持続させます。

他に衝撃波治療器を使用する治療もあります。衝撃波治療器は、陰茎に衝撃を与えて血管新生を促進する治療です。新しい血管ができることで陰茎に流れる血液の量を多くなり、勃起をしやすくします。この治療法は勃起不全治療薬との併用が可能であり、薬物治療ができない人でも受けられる可能性があるというメリットがあります。

おわりに:治療法のバリエーションは豊富。自分に合った方法を医師と相談して決めよう!

勃起不全の原因は、人によって様々です。そのため自分に合った方法で治療を行っていくことが回復のために重要になってきます。勃起不全の治療法は薬剤や器具を使用したもの以外にも、心理的な治療法やホルモン療法など色々な方法があります。専門医と相談しながら、自分にあった方法を選択するようにしましょう。また普段の生活習慣が勃起不全を引き起こしていることもあるので、できるだけ健康な生活を送れるように日々の習慣を改善していくようにしてください。

厚生労働省 の情報をもとに編集して作成 】

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ED(14) 勃起不全(11) バイアグラ(3) シアリス(2) レビトラ(2) 衝撃波治療器(1) 陰圧式勃起補助具(1)