脊髄損傷とは? 症状・原因・治療法を解説。

2018/2/9

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

脊髄損傷とは、交通事故やスポーツ、転倒などが原因で脊髄が損傷する状態です。この記事では、脊髄損傷の原因と症状、治療法について解説します。

脊髄損傷はどんな病気?

脊髄(せきずい)は脳と身体をつなぐ太い中枢神経のことで、脊椎(せきつい)という骨の中を通っています。脊髄損傷とは、この脊椎に大きな負荷がかかったために脊髄を損傷した状態のことです。主に交通事故やスポーツ中の事故、転倒などによって脊椎に大きな負荷がかかって骨折や脱臼を起こしたときに、脊髄も損傷をすることで発症します。また、外傷以外にも脊椎や脊椎周辺にできたヘルニア、腫瘍などが脊髄を圧迫したために発症するケースもあります。

代表的な症状について

脊髄損傷を発症すると、損傷した部位から下の部位に脳からの神経伝達がうまくいかなくなるため、運動や知覚・触覚機能、自律神経に異常をきたします。脳に近い位置の脊髄を損傷するほど、麻痺や感覚異常の及ぶ範囲が広くなるのが特徴です。代表的な症状として、損傷部位から下の身体の麻痺、運動機能の喪失、知覚の消失、自律神経失調による痛みなどがあります。
また、脊髄損傷は損傷の程度によって「完全損傷」と「不完全損傷」に分類され、それぞれ症状の出方が異なります。「完全損傷」は脊髄全体が分断されて神経伝達が完全に遮断されたため、損傷部位以下の機能・感覚が完全にマヒした状態です。身体を動かせなくなったり、感覚がなくなったりします。これに対し、「不完全損傷」は脊髄の神経伝達機能が完全には遮断されないため、損傷部位以下の運動・感覚機能が残っている状態です。少しなら体を動かしたり、感じたりすることができます。

脊髄損傷はどのように治療していくの?

脊髄や神経は、完全に損傷して断裂すると元に戻ることはありません。このため、現時点での脊髄損傷の治療法は、脊椎の安定とリハビリを行うことで、地道に神経と身体の機能回復を図っていくことが中心になります。
脊椎を損傷して間もない急性期は、一刻も早くリハビリを開始して、脊髄と脊椎の骨を修復していきます。脊椎がずれるなどして安定せず、身体を動かすと麻痺や障害の範囲が広がる恐れがあると判断された場合は、まずは装具や手術で脊椎の安定を図るのが一般的です。損傷個所が脊椎ではなく頸椎(けいつい)の場合は、呼吸障害、低血圧、徐脈などの症状が出るため、生命維持のために集中治療室での管理治療が行われる場合もあります。

おわりに:脊髄損傷には、専門病院の医師による診断・治療が必要

骨や皮膚とは違って、神経は再生しにくいため、現時点では治療は難しいのが事実です。だからこそ、脊髄損傷が疑われる症状が出た場合には、速やかに医師に診てもらうことが重要になります。いざという時に備えて脊髄損傷の原因や症状を知っておき、早めに脳外科や整形外科を受診して、適切な治療を受けてください。

厚生労働省 の情報をもとに編集して作成 】

関連記事

この記事に含まれるキーワード

スポーツ(13) リハビリ(49) 脊髄損傷(3) 麻痺(27) 交通事故(13)