夏型過敏性肺臓炎って何が原因なの?対処法はある?

2018/2/22 記事改定日: 2019/4/15
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

毎毎年夏になると咳がよく出る場合、「夏型肺炎」を発症している可能性があります。今回の記事ではこの夏型肺炎の症状や原因、対策について解説していきます。

夏型過敏性肺臓炎はどんな病気?

夏型過敏性肺臓炎(夏型肺炎とも呼ばれることがあります)の症状は、咳や発熱、身体のだるさなどです。

夏風邪の症状とよく似ているため、病院で夏風邪と診断されてしまうこともあります。季節が映りゆくにつれて治りますが、翌年の同じ頃に再び咳が出始めてしまいます。そして、自宅を離れるとこれらの症状がすっかり治ってしまうという特徴があります。

夏型過敏性肺臓炎は微熱の症状もありますが、咳が長く続くことが顕著にみられます。特に咳が長くつづき、咳を数年繰り返していくうちに慢性化していき、肺の機能が弱ってしまいます。するとちょっとした行動でも息切れを起こすようになり、やがて悪化すると肺が萎縮して酸素の交換が上手くできなくなります。そしてときには呼吸不全という、危険な状態に陥る場合もあります。

夏型過敏性肺臓炎の原因は何?

夏型過敏性肺臓炎の原因となるのは、湿気を好むカビです。そのために、毎年夏場になると咳やだるさなどの症状があらわれます。夏型過敏性肺臓炎はカビを吸入することによるアレルギーによって生じる肺炎の一つとされており、過敏性肺臓炎は何十種類もありますが、その3/4は夏型肺炎と言われています。

原因となるカビは室内に生えるトリコスポロンで、この胞子を吸い込むことで咳等の症状を繰り返します。このトリコスポロンは温度20℃以上、湿度が60%以上になると活発に活動します。夏場の高温多湿になるほど繁殖し、たくさんの胞子を飛ばします。真夏を中心に6月から9月にかけて、注意する必要があります。トリコスポロンが好んで繁殖するのは湿気の多い古くなった木材や畳み、カーペットなどあらゆる場所とされます。

また最近はマンションの機密性が高くなり、カビが増えるのに適した環境になっています。カビはキッチンや洗面所・バスルームだけでなく、風通りが悪く湿度が高くなる北側の押入れやサッシ、それにエアコン内部にも繁殖するので注意しましょう。

夏型過敏性肺臓炎の予防のためのカビ対策とは?

夏型過敏性肺臓炎を予防するためには、原因となるカビのトリコスポロンを除去する必要があります。トリコスポロンが生えている家から引っ越すことが最善策ですが、それは現実的には難しいことが多いです。

カビの多い場所をリフォームすることが出来れば改善する可能性もありますが、木材は表面の原因を取り除いても、また発生してしまいます。ですから、トリコスポロンが生えている部分を取り替えてしまう必要があります。
畳も内部にカビの根が入っているので、取り替えてください。キッチンや洗面所の場合は、水はねをきれいに拭き取るように雑巾を用意しておいて、気付いたら拭くようにしましょう。

トリコスポロンを取り除くためには、酸素系などの洗剤を利用することも有効です。バスルームは入浴後に熱いお湯を壁に掛けたり、窓を開けて風を通すようにします。
もし乾燥機があればさらに効率よく湿気を取り除くことができますし、エアコンを利用した最後の日に送風運転をして、内部を乾燥させることでもカビを予防できます。

夏型過敏性肺臓炎は治療できる?

夏型過敏性肺臓炎は、軽症な場合には原因となるアレルゲンを避けるだけで大幅に軽快します。しかし、重症化して呼吸状態の悪化などが見られる場合には、ステロイド投与や酸素投与などが必要となるケースも少なくありません。
また、根本的にはアレルゲンを吸入しない環境を作ることが大切なため、再発を繰り返す場合には転居や転職が望ましいと考えられています。

おわりに:毎年夏、家にいると咳が止まらないなら病院へ

夏型過敏性肺臓炎は、夏風邪と勘違いしやすい厄介な疾患です。毎年夏、家にいると咳が止まらなくなるという方は、発症を疑ったほうがいいかもしれません。もし夏型過敏性肺臓炎の診断が降りた場合は、家でのカビ対策に努めましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

咳(52) カビ(7) 微熱(20) 倦怠感(26) 洗剤(5) 夏型肺炎(1) トリコスポロン(1) エアコン(7)