カンジダ症が治らないのはなぜ?

2018/4/24

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

カンジダ症の原因微生物であるカンジダ菌は、もともと体内にすみついている常在菌なので、ちょっとしたきっかけでカンジダ症を発症してしまうことがあります。それでは、どのようなときにカンジダ症が治りにくくなってしまうのでしょうか。この記事で解説したいと思います。

カンジダ症が治らない原因はピル?

カンジダ症のリスク因子としてエストロゲン製剤の内服があると言われており、ピルを飲んでいることでカンジダ症になりやすくなるということは言われています。

カンジダ症が治らない:その他の原因

カンジダ症が治らない原因として、ピルのほかにもいくつかあります。

免疫力の低下

風邪を引いたり、糖尿病などの持病を抱えていたりすると免疫力が低下するため、カンジダ症がなかなか治らないことがあります。

抗生物質

抜歯の後や膀胱炎の治療のために抗生物質を服用している場合、善玉菌が減って腟内のバランスが崩れ、カンジダ症が治らないことがあります。

腟洗浄のしすぎ

アルカリ性石けんで外陰部や腟を洗いすぎるのも、カンジダ症を治りにくくする原因となります。

カンジダ症が治らない:他の病気の可能性も!

基本的に、カンジダ症は適切に治療すれば治る病気です。ただ、カンジダ菌はもともと体内に存在している常在菌のため、免疫力の低下などで再発しやすい病気でもあります。

何度も再発している場合、再発治療用の市販薬を使って治すことも可能です。しかし、カンジダ症とよく似た症状(外陰部のかゆみ、痛み、おりものの変化など)はほかの病気でもみられるため、市販薬でも治らない場合は病院で検査を受けるのがおすすめです。

以下に、カンジダ症に良く似た症状が出る病気をご紹介します。

男性の場合

  • クラミジア
  • 淋病
  • トリコモナス

女性の場合

  • クラミジア
  • 淋病
  • 腟トリコモナス症
  • 細菌性腟炎

おわりに:カンジダ症が治らないのは免疫力の低下や洗いすぎが原因かも

カンジダ症がなかなか治らないのは、ピルの服用や抗生物質の服用、免疫力の低下、過剰な腟洗浄などが原因のことがあります。繰り返しカンジダを再発している場合、市販の治療薬で治すこともできますが、場合によってはほかの病気である可能性もあります。なかなか治らないときは病院で検査を受け、適切な治療を受けることも大切です。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ピル(30) カンジダ(18) カンジダ菌(11) デーデルライン桿菌(4) 腟洗浄(2)