「キーン」「ピー」「ゴー」…。耳鳴りの音で原因がわかる?

2018/4/26 記事改定日: 2019/9/10
記事改定回数:2回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

一言で耳鳴りといっても、「キーン」「ピー」「ゴー」など音にはさまざまな種類があります。それぞれの音を引き起こす原因についてご紹介します。

キーン、ピーという高音の耳鳴りの場合

「キーン」、「ピー」という高音の耳鳴りの主な原因として、以下のようなものが考えられます。

突発性難聴

キーンという金属音や電子音のような耳鳴りと難聴が片耳でのみ起こるのが特徴です。多くの場合、回転性のめまいを伴います。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや過労、ウイルス感染、内耳の血流障害などが考えられます。

老人性難聴

キーンという金属音のような耳鳴りと難聴が両耳で起こります。加齢によって、内耳の感覚細胞が減少したことが原因で発症します。

外リンパ瘻(ろう)

内耳と中耳の間にある膜が破れ、内耳のリンパ液が漏れたことで、キーンという金属音やピーという電子音のような耳鳴りやめまい、難聴、耳が詰まった感じがします。多くの場合、くしゃみや鼻を強く噛んだことが原因で起こります。

ゴーという低音の耳鳴りの場合

「ゴー」という低音の耳鳴りの原因としては、以下が考えられます。

耳管狭窄症

鼻や喉につながる耳管が閉じたままになる状態です。外気圧より内耳の気圧が低くなるため、鼓膜が内側に引っ張られることで音の振動を十分に伝達できず、低音の耳鳴りが起こります。飛行機に乗ったり、海に潜ったりと気圧が変化したときに起こりやすいです。

メニエール病

片耳だけに、ゴー、ザーといった重低音の耳鳴りが繰り返し起こり、これに難聴と回転性めまいを伴います。また多くの場合、吐き気が起こります。主な発症原因はストレスや過労と考えられています。

おわりに:病院に行く前に、耳鳴りの音の特徴や、その他の症状を把握しましょう

  • 耳鳴りの音の種類によって、考えられる原因が特定できることがある
  • 低音か高音か、耳鳴り以外の症状の有無などに着目すると診断がスムーズになる

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ストレス(364) 種類(66) 飛行機(8) メニエール病(30) 耳鳴り(39) 突発性難聴(20) キーン(6) 低音の耳鳴り(1) 高音の耳鳴り(1)