耳鳴りの治療法 〜 薬・補聴器・TRTなど最新の治療法を紹介 〜

2018/5/2

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

慢性的な耳鳴りを治療するには、どんな方法があるのでしょうか?薬や補聴器、TRTなど、最新の治療法も併せてご紹介します。

耳鳴りの治療法:①薬

耳鳴りは原因によってさまざまな種類があり、すべての耳鳴りに効く薬はないというのが現状です。かつてはリドカインという薬を静脈注射する治療も行われていましたが、7割近い患者が改善する一方、効果が持続しないため、今はほぼ行われていません。

対症療法ではありますが、病院では以下のような薬が処方されます。

  • アデノシン三リン酸二ナトリウム(アデホス、トリノシン®):メニエール病など、内耳の異常が原因のめまいを改善します
  • ステロイド薬(プレドニン®):メニエール病や前庭神経炎による耳鳴りに有効で、神経や内耳の炎症を抑制する効果があります
  • ニコチン酸アミド・パパベリン塩酸塩配合錠(ストミンA®配合錠):内耳の細胞の機能を改善し、血流を改善することで耳鳴りを緩和する効果があります
  • イソソルビド製剤(イソバイド®):メニエール病による耳鳴りに効果的です。内耳に蓄積された水分を移動させ、排尿を促す効果があります
  • ビタミンB12製剤(メチコバール®):神経細胞を修復することで耳鳴りを改善します
  • 抗不安薬(メイラックス®、ソラナックス®):自律神経の乱れを緩和することで、耳鳴りを改善します
  • 漢方薬(釣藤散、加味逍遥散など)

耳鳴りの治療法:②補聴器

耳鳴りだけでなく難聴も伴う場合、補聴器をつけることで耳鳴りが軽減することがあります。

耳鳴りの治療法:③TRT

TRTとは耳鳴り順応療法と呼ばれるもので、耳鳴りの原因を治療するのではなく、耳鳴りを意識から遠ざける治療法です。人間の脳は、無意識の間に必要な音だけを意識し、他の音(人との会話中に聞こえる、車が通り過ぎる音など)は意識から排除するようにしています。そして耳鳴りの音は必要な音ではないので、本来は排除されるべきなのですが、慢性的な耳鳴りの人は意識的に耳鳴りを聞くような仕組みができてしまっています。TRTとはこの仕組みを修正する治療で、およそ7割の患者に効果が見られます

TRTでは、サウンドジェネレーターという補聴器のような機械をつけます。サウンドジェネレーターからは微かな雑音が出続けており、これを毎日装着して聞き続けることで、徐々に耳鳴りを意識しない脳の仕組みを作っていきます。

病院で受けられる、耳鳴りの最新の治療法は?

耳鳴りの最新の治療法としていま注目を集めているのが、ステロイド注射です。中耳腔にステロイド剤を微量注射することで、日常生活で気にならないレベルにまで耳鳴りを軽減させます。半数以上の患者に効果が見られる治療法です。

また、先述のTRTによる治療と自律訓練法(自己暗示をかけて心身の緊張をほぐす方法)を組み合わせるのも、高い効果がある最新の治療法です。「忘れる」という脳の特性を利用し、耳鳴りはしていても気にならないという状態を1年ほど維持することで、ほぼ耳鳴りを意識せず日常生活を送れるようにします。

おわりに:耳鳴りは、最新の治療法で改善しやすくなっている

近年では耳鳴りの発生メカニズムが少しずつ判明し始めたため、TRTやステロイド注射など最新の治療法で改善する患者も増えつつあります。慢性的な耳鳴りでお悩みなら、専門外来で治療についてご相談されることをお勧めします。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

薬(189) 治療(462) メニエール病(30) 耳鳴り(39) 補聴器(18) 抗不安薬(27) 自律訓練法(2) プレドニン(5) TRT(1) 最新(1) サウンドジェネレーター(1)