耳鳴りに効く漢方、市販でおすすめのものを一挙紹介!

2018/4/27

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

耳鳴りは慢性化してしまうと、なかなか治らない厄介な症状でもあります。今回の記事では耳鳴りに効果を発揮するとされる漢方のうち、市販でおすすめのものをご紹介します。

耳鳴りに効く漢方、市販でおすすめなのは?

耳鳴りに効果があるとされる漢方のうち、市販でおすすめのものは以下の通りです。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):虚弱体質で、冷え性の方におすすめです。耳鳴りやめまい、貧血、動悸、下腹部痛などに効果を発揮します
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん):体力中等度以下で、疲労感があり冷え性の方におすすめです。高血圧による耳鳴りや肩こりに効果的とされます
  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう):めまいやふらつき、耳鳴り、動悸、のぼせの改善に効果的とされます
  • 香蘇散(こうそさん)、抑肝散(よっかんさん):気を鎮める作用があるとされる漢方です。ストレス性の耳鳴りに効果的とされます
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん):更年期の耳鳴りや浮動性のめまいに効果的です。血液を循環させることで、自律神経を整える作用があります

「釣藤散」も耳鳴りに効く!?

釣藤散(ちょうとうさん)も、耳鳴りに効果を発揮する漢方薬の一種です。血流障害で処方されることの多い漢方ですが、耳鳴りの原因の一つは血流の悪化なので、高血圧気味で耳鳴りの症状にお悩みの方には特に効果を発揮します。耳鳴り以外にも、頭痛やめまい、肩こり、ほてり、不安焦燥感などを改善する効果があると言われています。

キーンという耳鳴りに効く漢方は?

漢方では、キーンという高音の耳鳴りは「陰虚(いんきょ:体内に水が足りない状態)」が原因と捉えます。具体的には、鼻炎などによって内耳や中耳が乾いてしまい、粘膜の潤いが減ったことによる炎症が原因で、耳鳴りが起こっていると考えます。

こういったキーンという耳鳴りに処方される漢方は、「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」です。成分として入っている竜骨(りゅうこつ)と牡蠣(ぼれい)には、体を潤し、耳鳴りを軽減する効果があると言われています。

おわりに:耳鳴りの原因や特徴によって適した漢方は異なる

水分不足による耳鳴りか、それともストレス性の耳鳴りか、血流悪化による耳鳴りか、などによって効果を発揮する漢方は異なります。医師や薬剤師に相談の上、症状や原因に即したものを服用することが大切です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

原因(609) 耳鳴り(39) 漢方(41) 市販(14) 柴胡加竜骨牡蛎湯(4) 釣藤散(3) キーン(6)