陰部のヘルペスの男女別の症状と感染してしまう原因とは?

2018/5/14 記事改定日: 2019/2/18
記事改定回数:1回

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

性器ヘルペスとは、性的な接触を通してウイルスに感染し、性器やお尻の周辺に水ぶくれができる病気です。全体的に男性より女性の患者数が多く、女性がかかりやすい病気となっています。また、感染している人のうち約60%は自覚症状がないとされ、患者本人が病気に気がつかないまま、性行為を通して感染することが多いです。ここでは、性器ヘルペスの原因や男女別の症状について解説します。

陰部のヘルペスの症状の男女の違いは?

陰部にできるヘルペスの症状は、男性と女性で異なります。

男性の性器ヘルペスの症状

初感染時の症状

潜伏期間
2~10日間
発症箇所
亀頭や陰茎部に多い
症状
初感時は、男性器にかゆみや違和感を伴った直径1~2mmの複数の水疱ができる。また、水疱が破れると円形の痛みを伴う浅い潰瘍になる
同性間の性交では、肛門周辺や直腸粘膜にまで発症する

再発時の症状

治療期間
1週間以内
発症箇所
初感染時と同じ箇所以外にもお尻や太ももに発症することもある
症状
再発時は初感染時と比べて軽症の場合が多い

女性の性器ヘルペスの症状

初感染時の症状

潜伏期間
2~10日間
発症箇所
大陰唇から、腟、会陰部にかけて、女性器全体で発症する。尿道や子宮頸管まで感染することも多い
症状
38℃以上の高熱を伴うことがある。水疱が破れると円形の痛みを伴う浅い潰瘍になる。ズキズキとした強い痛みがあり排尿が困難になり、まれに痛みで歩行に障害が起きることもある

再発時の症状

治療期間
1週間以内
発症箇所
初感染時と同じ箇所以外にもお尻や太ももに発症することもある。
症状
再発時は初感染時と比べて軽い。再発の予兆として、外陰部の違和感や太ももや脚に神経痛のような痛みがおきることがある

陰部にヘルペスが陰部にできる原因は?

性器ヘルペスの主な原因となるのが、「単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)」と呼ばれるウイルスで、主に性器や腰回りで病状を発症させます。このHSV-2は、直接的な接触がない限り、感染しないとされていますが、性器を触った手から感染する場合があるため、タオルの共同使用などは避けましょう。

また、オーラルセックスにより、主に口唇ヘルペスの原因であった単純ヘルペスウイルス1型から、性器ヘルペスが発症するケースもあります。

陰部のヘルペスはうつるの?

初感染の場合は、主に性行為でうつるとされており、パートナーの性器にできていたヘルペス(単純ヘルペスウイルス2型が多い)が主な原因となりますが、他にも以下の感染経路があります。

  • 口唇ヘルペスのウイルス(単純ヘルペスウイルス1型が多い)が性器に感染し、性器ヘルペスを発症するケース
  • 自分の口唇ヘルペスを手でさわるなどして性器にうつしてしまうケース
  • ウイルスがついたタオルや西洋式便座に接触して、うつるケース

症状が出ている時期の感染の原因

症状が出ている時期はウイルスを大量に排出している状態です。そのため、ヘルペスウイルスに免疫がない人や、免疫があっても抵抗力が落ちている人に、感染させてしまう可能性があります。
また自分が患部に触れた後に、他の部位をさわることで、さわった部位に感染することもあります。

症状が出ていないときも感染する

症状が出ていないときにも、性器の皮膚や粘膜からウイルスは出てきているので、この時期にパートナーと性交渉を持つことで感染させてしまうことも多いとされています。海外の論文によると、 パートナーへの性器ヘルペス感染の約7割は、感染源となった方に症状の自覚がないときに起こっていることが明らかになっています。

陰部のヘルペスの再発は病院に行く必要ある?

市販の治療薬でも陰部のヘルペスの症状改善を期待することは可能です。しかし、使用を数日続けても症状が改善しなかったり、悪化する場合は陰部ヘルペスでなく他の感染症の可能性も考えられます。
このような場合は自己判断で漫然と市販薬の使用を続けず、病院を受診して検査・治療を受けるようにしましょう。

おわりに:ヘルペス予防のために、感染者との性交渉を避けよう

性器ヘルペスの予防方法は、感染している相手との性的接触を避ける以外に方法はありません。ただし、症状が表立って出ていないままウイルスを排出している場合も多いので注意が必要です。また、パートナーがヘルペスウイルスを保有している場合は、ヘルペス治療薬で症状が治まるまでは性行為を控えましょう。

この記事に含まれるキーワード

女性(71) 男性(41) 陰部(7) 性交(4) 高熱(43) 再発(38) うつる(24) 水疱(12) 性器ヘルペス(13) オーラルセックス(5) タオル(10) 初感染(2)