ヘルペスにオロナイン®は効かないの?

2018/5/22

田中 美帆 先生

記事監修医師

メディアージュクリニック青山、皮膚科

田中 美帆 先生

口唇ヘルペスを発症した人のなかには、「オロナイン®H軟膏」を使用して治せないかと思う人もいるかもしれません。しかしそもそもオロナイン®は、ヘルペスに対して有効なのでしょうか。オロナイン®の成分や、ヘルペスに有効な外用薬について解説します。

オロナイン®はヘルペスに効くの?

オロナイン®を塗っても、口唇ヘルペスの症状が改善されることはありません

口唇ヘルペスとは、「単純ヘルペスウイルス」に感染することによって発症する病気なので、症状を改善するためには、「抗ヘルペスウイルス薬」を使う必要があります。

しかしその点、オロナイン®には、単純ヘルペスウイルスに対して有効な成分は配合されてないので、口唇ヘルペスができている部分に塗っても、これといった効果は期待できないのです。

オロナイン®の薬効が患部に刺激を与えるって本当?

オロナイン®は、真菌や細菌に対して一定の効果があるとされ、水虫やたむしに有効的と考えられています。しかし、真菌などに対して効果を発揮するということは、それだけ肌に刺激を与える可能性があるともいえるでしょう。

そのため、口唇ヘルペスができている部分にオロナイン®を塗ると、患部を必要以上に刺激し、症状を悪化させてしまう恐れがあると考えられます。皮膚疾患にはその症状や原因に即した治療が必要になりますので、むやみにオロナイン®を塗るのは控えましょう。

ヘルペスに効かない外用薬とは?

ヘルペスに効果のない外用薬として、以下のものが挙げられます。

オロナイン®

オロナイン®には低水準消毒薬のクロルヘキシジングルコン酸塩液が使われているのですが、低水準消毒薬の大半は一般細菌にしか効果が無く、ヘルペスウイルスを殺菌・消毒する事ができません。

マキロン®

主成分の塩化ベンゼトニウムは、ヘルペスウイルスに対して効果があるとされていますが、気休め程度なので、患部の殺菌・消毒にはポビドンヨード(イソジン)を使用しましょう。

オキシドール

ヘルペスウイルスに対しての殺菌・消毒効果はゼロではありませんが、とても薄いので、気休め程度と考えたほうが良いです。

メンソレータム®

オロナインと同様、水準消毒薬のクロルヘキシジングルコン酸塩液が使われている理由で効果がありませんが、殺菌成分は天然植物由来のユーカリ油でより安全性が重視されています。
また、保湿成分であるワセリンが7割近く含まれているので、症状が一段落した後に使用した場合、僅かに湿潤治療の効果が得られる可能性があります。

クロマイ®-N軟膏

クロマイ®はカンジダ菌などの真菌類が原因となる口角炎の治療には効果を発揮しますが、ヘルペスウイルスには効果がありません。

コーフル軟膏

主成分のアクリノールはレンサ球菌・ブドウ球菌・ウェルシュ菌などの化膿菌を殺菌・消毒する効果がありますが、ヘルペスウイルスには効果がありません。

メンソレータム®メディカルリップなどのリップクリーム

口唇へルペスによる水疱の治療には効果がありませんが、口角炎・口唇炎・唇ケア用の市販薬として、完治後のアフターケアには役立つ可能性があります。

ヘルペスを治すにはどんな薬を使えばいい?

ヘルペスの治療薬として使えるのは、以下の市販薬です。

アクチビア®軟膏

ヘルペス治療薬として、一番有名で安価な市販薬です。アシクロビル配合で軟膏を患部に被せる様に塗布しますが白残りするので、外出や就寝時の利用には不向きです。

ヘルペエース

アクチビア軟膏と同成分の類似品ですが、流通量が少ない傾向にあります。価格もアクチビア軟膏よりもやや割高です。

ヘルペシアクリーム

アシクロビル配合のヘルペス市販薬で唯一のクリームタイプです。伸びが良く、軟膏タイプよりも目立たないので、外出・就寝時の利用にも使えます。

アラセナS軟膏・アラセナSクリーム

ビダラビン配合でアシクロビル配合よりも少ない塗布回数で高い効果を発揮し、同社医療用の「アラセナ-A軟膏3%」「アラセナ-Aクリーム3%」と同じ成分を配合しています。

アブレバ

アクチビア軟膏と同じグラクソ・スミスクライン社製で、アメリカの厚生省にあたる、FDA(米国食品医薬品局)に唯一承認された非処方箋調剤薬です。ドコサノール配合のクリームタイプで、国内では正規販売されていないため、扱いが一部に限られており、価格も非常に高価となっています。

おわりに:オロナイン®は口唇ヘルペスを悪化させる恐れが!

オロナイン®には、口唇ヘルペスを治す効果はありません。それどころかオロナイン®を塗ることで、症状が悪化する可能性があります。口唇ヘルペスの治療には原因である単純ヘルペスウイルスに対して直接効果を発揮する抗ヘルペスウイルス薬を使うのが一般的ですので、皮膚科を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

この記事に含まれるキーワード

ヘルペス(30) 口唇ヘルペス(16) 効かない(12) オロナイン(3) アラセナS(3) アクチビア®軟膏(2) ヘルペシアクリーム(2)