子供がどんな状態のとき、学校を休ませた方がいいの?

2017/3/23 記事改定日: 2019/4/23
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

子供が、「朝はいつもの時間に起きてきたけど、なんとなく顔色が悪い気がする」「とくに病気という感じはしないけど、なんだか元気がないし学校に行きたがらない」といったとき、親として学校へ行かせていいものか悩んでしまいますよね。
今回は、子供がどんな状態のときに学校を休ませた方がいいかについて解説していきます。

学校を休ませた方がいいかを決めるには、どんなことを確認する?

子供が病気のときに、学校に行かせるかどうかを決めるには、その症状がどれほど深刻かどうかで判断します。

軽い咳や風邪であれば、ほとんどの場合は学校に行かせても問題ありません。
ただし、軽い症状でも

  • 熱が上がっている
  • 震えがある
  • ひどい眠気がある
  • ぐったりしていて明らかに元気がない

がある場合は学校を休ませて病院に連れて行きましょう。

また、子供の症状が重くなったり長く続いているときも、医師に相談してから学校を休ませたほうがよいかどうか判断してください。

また、以下のようなときも、医師の判断を仰いだ方がいいでしょう。

発疹
皮膚の発疹は、水ぼうそうやはしかといった感染症の初期症状の可能性があります。
頭痛
軽い頭痛であれば学校に行かせても大丈夫ですが、ひどく痛がっている場合や、明らかに様子がおかしい場合、熱がある、吐き気がある、嘔吐するなどの他の症状を伴う場合は、学校は休ませてすぐに病院で検査を受けてください。
嘔吐と下痢
下痢や嘔吐した子供は、症状が落ち着いてから少なくとも48時間経過するまで学校に行かない方がいいでしょう。
喉の痛み
喉の痛みだけなら、学校を休ませる必要はありません。ただし高熱を伴う場合は学校を休ませてください。

健康そうなのに、子供が行きたがらないときはどうすればいい?

子供は自分の症状を上手く言葉に現すことができないことが多々あります。自分で症状を訴えられないがゆえに、病気の発見が遅れることも少なくありません。
また、その反対に何らかの症状を訴えているものの発熱などの目立った症状がなく健康そうに見えること、とくに症状がないのみ学校に行きたがらないといケースもあります。

このような場合には、むやみに訴えを否定せず、行けるようであれば学校へ登校を促し、念のため学校に一報入れておくと安心です。また、子供にもその旨を伝え、いつでも迎えにいける状況を作っておくと良いでしょう。

また、そのような状態が長く続く場合は、適応障害やうつ病などの精神的な病気や、いじめなどの問題がある場合もありますので、子供の悩みをよく聞き、必要であればカウンセラーなどに相談して問題解決を図るようにしましょう。

おわりに:軽い症状でも、他の症状が出ているときは念のため医師に相談しよう

軽い風邪や頭痛であれば学校に行かせても問題ないことが多いですが、一見軽そうな症状でも他の症状を併発している場合は、深刻な病気が隠れている可能性があります。
また、具合が悪い、学校へ行きたがらないときは、子供が何らかのサインを発している可能性もあります。病院の受診も検討しながら、子供の変化に気づけるようにやさしく接してあげましょう。

この記事に含まれるキーワード

頭痛(191) 子ども(67) 下痢(158) 咳(52) 風邪(98) 学校(14) 嘔吐(89) 発疹(39) 子育て(10) 喉の痛み(14) 水ぼうそう(8)