口唇ヘルペスは自力で早く治すには、何に気をつければいい?

2018/5/17 記事改定日: 2019/2/19
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

唇を中心にブツブツした水ぶくれができる「口唇ヘルペス」。見た目から目立つので、早く治したいものですが、早く治すにはどうすればいいでしょうか?知っておきたい4つのポイントをお伝えしていきます。

口唇ヘルペスって自然に治るの?

口唇ヘルペスは一度感染すると、水膨れなどの症状が改善したとしても、原因となるウイルスが完全に排除されることはありません。体内に潜んでいるウイルスは、体調が悪い時や疲れが溜まっている時など免疫力が低下すると再活性化して再発を繰り返すのが特徴です。

このため、「ヘルペスが治る」とはあくまで症状が改善するということを意味し、ヘルペスが完治するということはないのです。

再発時は症状が軽度なことも多く、薬を使用しなくても自然に治ることもありますが、再発を予防するためにも生活習慣を調えて免疫力アップを心がけましょう。

口唇ヘルペスの治し方1:早く薬を飲もう

口唇ヘルペスは一度感染すると症状が無くなった後でもウイルスが体の中に潜み、何度も発症を繰り返します。例えば、風邪などで免疫力が低下したときに、発症の前兆として、皮膚がピリピリしたりチクチクしたりして違和感やかゆみ、ほてりを感じます。

その後口の周りが赤く腫れ、水ぶくれができ、一週間前後でかさぶたになり数日で治るのが一般的です。

この口唇ヘルペスを一刻も早く治すには、発症してからどれだけ早く抗ウイルス薬を使用するかによって左右されます。発症するとウイルスはどんどん増えるため、抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑える必要があるからです。

ウイルスの増殖が最小限に抑えられると症状が比較的小規模に収まり、結果的に早く治るといえます。口唇ヘルペスの発症を感じたら、すぐに抗ウイルス薬を使用しましょう。

市販薬は効果ある?

口唇ヘルペスを早く治すには薬が必要だとはわかっているけれど、病院へ行く時間が取れないという人は、市販薬を使ってウイルスの増殖を抑える方法があります。口唇ヘルペスの治療薬は、薬局やドラッグストアでの購入が可能です。

しかし市販薬を使っても良いのは、口唇ヘルペスだと過去診断された経験があり、明らかに口唇ヘルペスの再発だとわかっている場合のみになります。初めての感染や発症では、その症状が本当に口唇ヘルペスであるかわからないため、病院に行って医師の診断を受ける必要があるからです。

口唇ヘルペスだと思っていたら違う病気が隠れていたという可能性もありますので、初めて口唇ヘルペスだと思われる症状が出た場合には自己判断はせず病院へ行き、市販薬を使うのは何度も再発を繰り返している人だけにしましょう。

口唇ヘルペスの治し方2:口の周りを清潔に!

口唇ヘルペスを治すためには、早期の抗ウイルス薬の使用が重要ですが、それ以外にもいくつか気を付けることがあります。

まずは患部を清潔に保つことです。ヒリヒリしたり赤く腫れたり、水ぶくれができると気になって触ってしまいがちですが、そのようなことをすると悪化させてしまいます。
口唇ヘルペスを発症している肌の状態は大変弱っており、むやみに触れるとそこから細菌に感染しやすくなるといえます。ウイルスに感染している患部がさらに細菌に感染してしまうと、早く治るどころか症状が悪化して長引くでしょう。様々な細菌が付着している可能性のある手で触らない、患部を隠すためにマスクをつけすぎない、患部を鼻水で濡れたままにしない、といったことを心がけてください。

また、患部の洗い過ぎも禁物です。入浴の際にはシャワーを直接当てるような刺激を与えることはやめ、優しく洗うようにしましょう。

口唇ヘルペスの治し方3:休養をとろう

口唇ヘルペスを早く治すためには休養をとることも大事です。口唇ヘルペスの発症は免疫力が低下しているときやストレスを過剰に感じたとき、夏場の炎天下で活動したときなどにも発症しやすくなるといわれているためです。

口唇ヘルペスに一度でも感染し発症すると、体の中からウイルスがいなくなることはありません。体内では、体力や免疫力が低下するチャンスを狙って、ウイルスが増殖しているのです。

このため、口唇ヘルペスの症状を感じ始めたら、あまり無理をせずに体と心をしっかりと休めましょう。とくに、過剰なストレスを感じていると再発しやすいことがわかっていますので、リラックスする習慣を身につけたり、趣味に没頭する時間を作ったり、周りの人に話を聞いてもらうなどして、あまりストレスをため込まないようにすることが大切です。

また、睡眠不足も口唇ヘルペスの再発に繋がりますので発症中はもちろん、再発予防のためにも日頃から睡眠不足には気を付けてください。

口唇ヘルペスの治し方4:食べ物に気をつけよう

口唇ヘルペスを治すには、食べ物にも気を付けると良いでしょう。私たちがよく口にする食べ物の中には、ヘルペスになりやすい食べ物が存在します。家族に口唇ヘルペスを発症している人や口の周りに違和感があるときには、以下の食べ物は避けるようにしてください。

  • 鶏胸肉
  • 牛ひき肉
  • 豚ロース
  • アーモンドなどのナッツ類
  • マグロ
  • エビ

他にも砂糖や炭酸飲料、インスタントラーメンやジャンクフードなどは免疫力の低下を促すため、口唇ヘルペス予防には不向きの食品といわれています。他には、パンや米などの食べすぎは血糖値を上昇させ、細菌やウイルスと闘う白血球の力が低下するため、体調が良くないときの摂取は控えましょう。

また、お酒を控えることも大事です。アルコールは血管を広げてしまい、患部の炎症を悪化させてしまう可能性があるので、早く治すためにお酒を控える必要があります。さらにはアルコールを分解するために肝臓に負担がかかり、この働きによってかなりの体力が使われてしまい、結果的に口唇ヘルペスのウイルスに対する抵抗力が低下すると考えられます。

おわりに:早く治すためにはウイルスに負けない体づくりを

口唇ヘルペスを早く治すには、薬の使用や清潔を保つこと、十分な休養以外にも食事に気を付けることなど、日常生活上注意すべき点がたくさんあります。体の中に潜むウイルスが再活性化しないように日頃から気を付け、疑わしい症状がある場合には早期に適切な治療を受けてください。

この記事に含まれるキーワード

食べ物(94) ストレス(359) お酒(28) 口唇ヘルペス(16) 市販薬(34) 抗ウイルス薬(15) 早く治す(2) 休養(1)