ぎっくり腰の薬って、どんなものを飲めば効くの?

2018/5/16

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

突然激しい痛みが走ることで知られる「ぎっくり腰」。このぎっくり腰の痛みを緩和するには、どんな薬を飲めばいいのでしょうか?ぎっくり腰に効く薬や、あまり効かない薬についてご紹介します。

ぎっくり腰の薬としてロキソニン®は効く?

ロキソニン®は、ぎっくり腰に有効です。なぜなら、ロキソニン®には一般的によく知られてる鎮痛作用だけでなく、炎症を抑える働きもあるからです。
ぎっくり腰になると、最初に感じるのは急激に起こる強い痛みです。この痛みは、炎症によって痛みを感じる「侵害受容器」と呼ばれる場所が刺激されることで起こります。この段階でロキソニン®を服用すると、痛みを和らげるだけでなく、炎症を最小限に抑えることができます。

ロキソニン®を服用する時には、空腹時は避けるようにしましょう。なぜなら、ロキソニン®には胃が荒れて痛みが出るといった副作用があるからです。どうしても空腹時に服用する場合には、水を多めに飲むように心がけてください。

カロナール®もぎっくり腰に効く薬?

カロナール®は血管を広げて熱を拡散させ、痛みを感じにくくさせる解熱鎮痛剤です。ロキソニン®と違って、炎症を抑える働きはありません。しかし、痛み止めとして昔から使われており、海外では最もよく使われる鎮痛剤です。
また、子供でも服用できるほど副作用が少ない薬として知られています。他の薬と組み合わせることもでき、胃を荒らすこともほとんどありません。胃の弱い人には飲みやすい鎮痛剤の1つといえるでしょう。

鎮痛の効果はロキソニン®に比べて緩やかなため、効き目が出るまで時間がかかります。また、ぎっくり腰のようなひどい腰痛には効果があまり期待できません。ぎっくり腰の痛みで全く動けず手元にカロナール®しかない場合は、服薬の選択肢の1つとして考え、少し動けるようになったら病院を受診するのが望ましいです。

ぎっくり腰のとき、病院で処方される薬は?

ぎっくり腰になって病院を受診されると、ボルタレン®が処方されることがあります。ボルタレン®はロキソニン®と同じ消炎鎮痛剤です。鎮痛剤の中では特に効果が強いため、ぎっくり腰のような激痛があるときに処方されることがあります。

ただし、効果が強い反面、副作用も強く出やすい傾向があるので注意が必要です。また、ロキソニン®と同じく胃に負担がかかりますので、空腹時の服用は避けてください。どうしても空腹時に飲む必要がある場合には、多めの水を飲むようにしてください。

また、ボルタレン®はロキソニン®に比べると、即効性がやや劣ります。すぐに効果を得たいというときには、ボルタレン®よりロキソニン®の方が向いているといえるでしょう。

おわりに:ぎっくり腰の薬は痛みを一時的に抑えるためのもの

今回紹介したぎっくり腰の薬は、急激に発生した強い痛みを抑えるための鎮痛薬です。ただし、ロキソニン®やボルタレン®の服用で痛みが和らいだとしても、基本的には一時的に痛みが治まっただけです。根本的な改善のためには、痛みの原因を調べるために病院を受診した方がいいでしょう。

鎮痛薬はあくまで痛みを抑える薬であり、根本的な原因を治す薬ではありません。痛みが治まったからといって、放置していると再発することもありますし、重大な病気を見逃してしまうことにもなりかねません。ぎっくり腰になったら、病院を受診しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

薬(189) ぎっくり腰(16) ロキソニン(28) カロナール(9) ボルタレン(4) 効く(11) 処方(8)