パーキンソン病は完治する病気なの?

2018/5/17

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

身体のふるえや筋肉のこわばり、これに伴う運動障害などの症状が出るパーキンソン病は、治すことができる病気なのでしょうか?
今回は、パーキンソン病の完治の可能性と一般的な治療方法、そして先端の治療方法について、ご説明していきます。

パーキンソン病は完治するの?

パーキンソン病は手足のふるえ、筋肉の固縮などにより、身体をうまく動かせない、転びやすくなるなどの症状が出る病気です。
患者の発症年齢は50歳以上65歳くらいまでが最も多いと言われていますが、年齢を重ねれば重ねるほど、発症しやすくなるともいわれています。

自覚症状が身体の片側から現れ始めるのが特徴で、その後ゆっくりと進行していくと症状が身体の反対側にも及び、やがては全身の運動障害を伴うようになります。

2018年現在において、パーキンソン病の原因は未だはっきりとは解明されていません。
このためパーキンソン病の治療は、患者ごとの症状の程度にあわせた投薬・服薬によって、病気の進行を遅らせたり、症状を和らげたりする対象療法が中心になります。パーキンソン病は、根本治療で完治させる方法が見つかっていない、現時点では治すことのできない病気であると言えるでしょう。

パーキンソン病をiPS細胞で完治させようとする動きが

近年のパーキンソン病の主な治療方法は、運動障害の原因と考えられる脳神経細胞とドーパミンの減少を、薬の服用によって補うというものです。

しかし、京都大学の研究チームにより、iPS細胞(人口多能性幹細胞)を使った、新しいパーキンソン病治療法の実験が始まろうとしています。
これは、あらかじめ健康な人からiPS細胞を採取し、パーキンソン病患者に減少が見られる脳神経細胞へと培養してから、患者の脳内に注射で注入して補うというものです。

脳に穴を空ける外科手術が必要なこと、サルで行われた実験では結果に個体差が見られたことから、この治療法についてリスクや課題を指摘する声もあります。
まだまだ研究段階ではありますが、今後が期待される治療法と言えるでしょう。

おわりに:現時点では感知できないが、将来的には完治できる可能性も

パーキンソン病は、はっきりとした原因がわかっていないために、治療は服薬での対症療法が限界であり、完治することはできないと言われています。しかし近年では、健康な人のiPS細胞から脳神経細胞を作り出し、それを患者に補うことで、パーキンソン病の根本治療を研究がすすめられています。今は不治の病ですが、将来的にはパーキンソン病を完治できるようになる日が来るかもしれません。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

パーキンソン病(25) iPS細胞(2)