ノロウイルス完治の期間ってどのくらい?出勤はいつまで控えるべき?

2018/5/23

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ノロウイルスに感染したとき、いつまで休めばいいのだろうと悩むこともあるのではないでしょうか。学校や仕事になるべく早く行きたいけれど、周りの人にうつす事は避けたい、そのためには最低どのくらい休めばいいのでしょうか?ノロウイルスの完治までの期間や、仕事に復帰するまでの期間について解説していきます。

ノロウイルス完治までの期間は?

感染~完治までの期間

潜伏期間

感染後の潜伏期間は数時間~数日間(平均1~2日)だとされています。

症状持続期間

吐き気、嘔吐、下痢などの症状は10数時間~数日間(平均1~2日)持続するとされています。

ノロウイルスの排出期間(回復期)

ノロウイルスは、嘔吐や下痢の症状が治まっても、1週間~1ヶ月にわたりウイルスが便中に排出され続けるとされています。そのため、症状が治まってからも1ヶ月程度は二次感染に留意して消毒などを徹底する必要があります。

また、一般的にノロウイルスは1週間~10日ほどで完治することが多いとされていますが、免疫力・抵抗力があまりない幼児や高齢者の場合は、2週間以上症状が続く可能性があります。

感染力のレベルは?

潜伏期

潜伏期ではまだ症状が表に出ていないので、感染確率が一番低いとされています。

発症時

症状が顕著に出ている発症時が一番感染確率が高くなるとされています。

回復期

回復期ではまだ症状が残っているため、発症時の次に感染確率が高いとされています。症状が治まったからといって二次感染の危険がないわけではないので、十分に注意しましょう。

以上のように、ウイルスが体内にある間は二次感染する恐れがあるので、あまり周囲の人と接触せずに、自宅で安静にしていましょう。また、体内にあるウイルスを早く外に出すために乳酸菌を摂取するという方法もあります。ただし、下痢の症状が強い場合には脱水症状を起こさないための十分な対策が必要です。

ノロウイルスが完治するまで出勤しないほうがいい?

感染者が出勤のタイミングを決めるときに、学校保健安全法(感染者に関する出勤停止の決まり)を参考にすることがあるかもしれませんが、ノロウイルスはこの学校安全法の中でも学校感染症に指定されていません。そのため厳密には、法律上出勤停止期間はないとされています。しかし、症状がある時に会社や学校に行くと周囲の人に感染させてしまう恐れがあるので、「出勤自粛」「登校自粛」という形が推奨されているのです。

出勤・登校できる最低限のライン

出勤・登校が可能だとされる最低限のラインは「少なくとも嘔吐が消失するまで」です。しかし、症状が治まってきてもしばらくは便中のノロウイルス排出が続くので、できれば完治してからの出勤が望ましいです。
いずれの場合も、トイレ後の手洗い・うがい・消毒はきちんと行う必要があります。また、下痢止め薬は回復を妨げてしまう可能性があるので、なるべく使用は控えましょう。

職業別のルールに従う

飲食店やブライダル関係などの仕事では、従業員からの二次感染が深刻な影響を与える恐れがあるので、厳重な感染予防の決まり事がある場合があります。職場によっては感染症に対する対応マニュアルが用意されている所もあるでしょう。その場合、検便での陰性確認や1ヶ月以上の出勤自粛が求められることがあります。

ノロウイルス完治の証明書は必要?

診断書の作成は強制ではない

企業によっては出勤する際に、ノロウイルスが完治したことを証明する診断書の提出を求められる場合がありますが、そもそも診断書の提出は強制ではありません。特に有給休暇をもらっている場合には、その理由の提示は必要ないとされています。

検査キットの利用

ノロウイルスの診断をするために、検査キットが使用される場合がありますが、これは100%感染の有無が判断できるものではないため、医師が必要としたときのみ使用されます。診断書を書いてもらう際には、事前に医療機関に相談して確認を取りましょう。

証明書を発行してもらう際の注意点

医師に証明書を書いてもらう場合には、「ノロウイルスに感染していること」「自覚症状がなくなるまでは自宅療養が必要なこと」を明記してもらいましょう。
また、ノロウイルスの検査に保険が適用されるのは、3歳以下または65歳以上の人のみとされています。それ以外の人は保健適用外になる可能性があります。また、診断書を発行する際には2~3千円の費用(病院によって異なる)が必要となります。以上をふまえながら、診断書の発行するかどうかを判断しましょう。

おわりに:出勤可能な最低限の目安は嘔吐がなくなってから!

一般的なノロウイルスの完治までにかかる期間は、1週間~10日間ほどですが、出勤・登校する最低限の目安として「嘔吐の症状がなくなってから」とされています。しかし、症状が治まってもまだ便中にウイルスが排出されているので、周囲へ感染を広めてしまう恐れがあります。そのため、出来れば完治してからの出勤が望ましいです。職場や学校への復帰は自分の症状や医師と相談して決めるようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

ノロウイルス(53) ノロウイルス排出期間(1) ノロウイルス潜伏期間(1) 学校保健安全法(1)