二日酔いの治し方で、即効性のある方法を教えて!

2018/6/8

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ガンガンするしつこい頭痛や吐き気など、ツラい二日酔いの症状とは一刻も早くオサラバしたいもの。では、即効性のある二日酔いの治し方はないのでしょうか?以降でおすすめの方法をご紹介していきます。

二日酔いの治し方、即効性が高いのは?

二日酔いの治し方にはさまざまなものがありますが、中でも即効性が高い方法を以降でご紹介します。

スポーツドリンクを飲む

二日酔いの日の朝にまず行うべきなのが、水分補給です。そしてその際におすすめの飲み物が、糖分と塩分が含まれており、吸収効率も良いスポーツドリンクです。

二日酔いで荒れた胃には、真水よりも塩分が入ったものの方が刺激が少ないといわれています。また、アルコールを排出するために水を飲む方は多いですが、このとき排尿に伴って体内の糖分が不足すると、だるさが続くようになります。この点から、糖分を含むスポーツドリンクがおすすめといえるでしょう。

アミノ酸とビタミンの摂取

人間はお酒を飲むと、アルコールを代謝する際に「アセトアルデヒド」という有害物質を体内で発生させます。そしてアルコールの摂取量が多すぎると、肝臓でのアセトアルデヒドの分解スピードが追いつかず、血中を巡って吐き気や頭痛を引き起こすようになります。

そこでアルコール代謝を促進する上で重要なのが、分岐鎖アミノ酸の摂取です。摂取によって肝臓の解毒作用が高まり、アセトアルデヒドの産出が抑制されることで、二日酔いから早く復活できるようになります。また、アルコールが肝臓で分解されるときに大量に消費される、ビタミンB1の摂取も、二日酔いでのだるさから早く抜け出すために重要です。
それぞれが含まれる食べ物は、以下の通りです。

  • 分岐鎖アミノ酸:肉、魚、ご飯など
  • ビタミンB1:うなぎ、豚肉など

ツボ押しで二日酔いが治る!?

二日酔いの治し方としては、ツボ押しも有効です。吐き気や頭痛など、症状別におすすめのツボをご紹介します。

なお、ツボを刺激する際は、人差し指と中指、薬指の3本を揃えて押すと刺激しやすいでしょう(当てにくいところは、指1本でもOKです)。中指がツボに当たるよう、3本の指を揃えながら、皮膚ごと軽く押し回すのがコツです。

二日酔いによる頭痛に効くツボ

天柱(てんちゅう)
首の後ろの、髪の生え際にあるツボ
懸顱(けんろ)
側頭部の髪の生え際のライン上の、おでこの高さくらいの部分に位置するツボ

二日酔いによる吐き気に効くツボ

内関(ないかん)
手首のシワの真ん中から、指3本分ほど肘側に降りたところにあるツボ
期門(きもん)
右の乳頭の真下と、肋骨の交差するところにあるツボ

二日酔いによる倦怠感に効くツボ

足三里(あしさんり)
膝の皿の外側の窪みから指4本分下がったところの、スネの骨の外側にあるツボ
照海(しょうかい)
内くるぶしの尖がったところから、指1本分下に位置するツボ

おわりに:アルコール代謝を促進するケアを!

二日酔いによる頭痛や吐き気は、体内でアルコールやアセトアルデヒドが残ってしまっていることが原因のため、早く治すにはこれらの物質を排出することが重要です。お酒を飲み過ぎたときはすぐにスポーツドリンクを飲んだり、アミノ酸を摂取したりと対策に努めましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

頭痛(193) 二日酔い(32) 吐き気(122) 治し方(23) ツボ(30) 即効(1)