風邪は運動したほうが治りやすいの?運動再開はいつから?

2018/6/22

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

「運動をして汗をかいた方が、風邪は治りやすい」なんて話を聞いたことがあるかもしれませんが、果たしてこれは本当なのでしょうか?運動再開の目処と合わせて解説します。

風邪のとき、運動したほうが治りやすい?

風邪のひきはじめに一刻も早く風邪を治したいと思うなら、まず以下のことを心がけるようにしましょう。

  • 脂肪分の多い食事やジャンクフードは避け、たっぷりの水と栄養バランスのとれた食事をとる
  • 夜は早目に休んで少なくとも8時間は睡眠をとる
  • ストレスを減らしタバコはやめる
  • ビタミンCや亜鉛を積極的にとる

そして運動については、運動そのものを控えるか、いつもより軽めにとどめることが必要とされています。自分の身体と相談し、気分がのらなければ休み、気分がいいのなら強度や時間を減らして運動します。

ただし、発熱しているときには、入浴、飲酒、無理な食事を避けるとともに、運動も避けなければなりません。発熱しているときには身体を休ませることが大切で、無理に動かすと体力をさらに失って症状を悪化させてしまいます。また、ウイルス性心筋炎など他の病気を発症している可能性もあるので、解熱後も数日は安静を心がけましょう。

風邪が治りかけたら運動を再開してもいい?

風邪の治りかけというのは、非常に判断が難しいものです。判断を誤って運動を再開してしまえば、体力をさらに失って病状を悪化させてしまいかねません。

風邪が治り始めた時期は、体調はよくなっているものの免疫力などはまだ低下したままです。免疫力が下がっていると、そこを狙った別のウイルスに感染してしまい再度風邪をひくという「ぶり返す」状態になってしまう可能性があります。

ウイルスは一度退治すれば身体に免疫ができるため同じウイルスの感染は防ぐことができますが、別のウイルスがやってきてそれに対抗する免疫がなければ感染してしまいます。また、同じウイルスでも型を変えて攻撃してくることもあります。

とにかく、治りかけはまだ身体が弱っている状態なので、睡眠と栄養をとって身体を冷やさないようにし、まずは免疫力を回復させることが大切です。新たなウイルスに感染しないように、手洗いやうがい、マスクの着用を徹底し、人が多く集まる場所などに行かないようにしましょう。

十分に体力が回復し、普通に日常生活が送れるようになったら、ひきはじめと同じように軽い運動から始めて様子をみるようにするのが良いでしょう。

おわりに:風邪をひいたら安静が大切。特に発熱しているときの運動はNG

風邪のひきはじめは風邪を治すことを第一に、無理な運動は避けなければなりません。特に、発熱しているときの運動は控える必要があります。また、風邪の治りかけはまだ免疫力は下がっている状態のため、別の風邪にかかりやすいタイミングです。食事と睡眠に気をつけて安静にし、別のウイルスに感染しないよう十分に体力が回復してから、少しずつ運動を再開しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

運動(177) 風邪(103) 治りやすい(1) 再開(1)