漢方で浮腫は治る?おすすめの漢方薬ってあるの?

2018/6/27

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

浮腫を漢方薬で改善することは出来るのでしょうか?また、おすすめの漢方薬にはどのようなものがあるのでしょうか?浮腫に効果のある漢方薬について解説していきますので、参考にしてください。

漢方の視点からみた「浮腫」の原因とは

漢方医学の視点では、以下のような考え方が浮腫に影響していると考えられています。

水分を摂りこみ、流れをつくる「脾」

脾漢方においては、浮腫は「水滞」と呼ばれ、「脾」と呼ばれる臓腑の栄養や水分を体内に取り込む力が低下することにより起こると考えられています。

水分を全身へ配る「肺」

漢方において「肺」は、体内の余分な水分を膀胱に運び、尿中に排出させる作用があるとされています。また、体表に運搬された水分は、皮膚の潤いを保持したり、汗として排出する効果があると考えられています。そのため、肺の機能が低下すると発汗作用や尿の量の減少が起き、水分がうまく排出されなくなるため、結果としてむくみが生じるとされています。

水分バランスを整える「腎」

腎漢方においての「腎」は、体内の余分な水分は膀胱に蓄えて尿中に排出し、逆に水分が不足している場合は脾や肺に作用して、口や喉の渇きを促すなどの生理反応を要求する働きがあります。これらの腎の機能が低下すると、尿中への不要な水分の排出が出来なくなるため、むくみが発生するとされています。

水分の運搬に関わる「心」「血」

心血漢方においては、むくみの原因に血流が関係していると考えられています。
「心」は、心臓の全身に血液を運搬するため、心の機能が低下すると血流が悪くなり、また水分の流れが滞ることによりむくみが起こるとされています。
また、「血」が不足することにより、体内を流れる血液量が減ると、運搬できる水分量も減少するため、水分が全身に滞りむくみの原因になるとされています。

原因別におすすめの漢方薬は?

「脾」

五苓散(ごれいさん)
利尿作用のある生薬により、組織中や消化器官中の余分な水分を尿中に排出する効果があります。二日酔いの解消などに使用されます。

「肺」

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
消化吸収を促進する作用や、体内の余分な「水」の排出を促す効果があります。
胃腸の機能が高まることにより、エネルギーの生成や消費がうまく出来るようになったり、余分な水分が体外に排出されることで、水太りやむくみの解消が期待できます。

「腎」

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
筋肉や骨に影響を供給して、水分のめぐりを改善する作用のある「八味地黄丸(はちみじおうがん)」に、血行を良くする生薬や、余分な水分の排出を促す生薬を配合した漢方薬です。尿量減少、腰痛、下股のむくみ、下半身の痛みなどに効果的だとされています。

「心」「血」

冠元顆粒(かんげんかりゅう)
血流改善があり、中年以降の人や、高血圧の傾向がある人に効果的だとされています。
霊黄参(れいおうさん)
心臓の機能を高める効果があり、疲労、睡眠の質の低下、体力不足の人に効果的だとされています。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血行を良くすることにより、全身に必要な栄養を供給し、余分な水分を体外に排出することにより、冷え性や生理不順を改善する効果があります。

漢方で浮腫を改善したい場合は、専門家に相談を

「脾」の症状は主に手足やまぶたに起こるとされており、「腎」の症状は顔面に、「心」の症状は足にむくみが発生しやすいとされています。
また、ストレス、冷えなどにより交感神経が優位になると、血管収縮が起こることにより血行が悪くなり、むくみが起こることもあります。
このように、むくみは様々な原因が組み合わさることにより発症することが多いため、基本的には医療機関で適切な処置を受けることが望ましいです。
また、食生活の改善で浮腫の症状がある程度よくなることもあります。

食生活の改善

まずは、胃腸の機能を整えることにより、血液の産生や代謝に必要なミネラル成分の吸収がスムーズに行えるようになります。また、浮腫を改善するためには、食生活の改善も重要となります。
以下のことを気をつけて、食事の内容を見直しましょう。

  • 野菜類、海藻類、小魚、貝類を積極的に摂取しましょう。
  • 塩分を摂取する際は、精製塩や化学調味料ではなく、天然塩を選ぶようにしましょう。
  • 胡麻や木の実は、細胞や組織を強化して、余分な水分を体外に排出する効果があるので、積極的に取り入れましょう。
  • 腸内環境を整えると、血液浄化や老廃物排出の効果があります。乳酸菌やビフィズス菌を含む食品や、食物繊維を取り入れ、腸内環境を改善していきましょう。

おわりに:浮腫の原因に合わせて漢方薬を選びましょう

漢方医学では、脾、肺、腎、心、血の原因別に効果のある漢方薬が変わり、血行を良くして、体内の水のめぐりを改善する作用のあるものなどが使用されます。
むくみは様々な原因が組み合わさることにより発症することが多いため、症状がなかなか改善されない場合は、医療機関を受診しましょう。また、胃腸の機能を整えたり、食生活を改善することも浮腫の改善につながることがあるので、この機会に見直しみてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

浮腫(13) むくみ(71) 漢方(42) 当帰芍薬散(10) 五苓散(9) 牛車腎気丸(3) 防己黄耆湯(1) 冠元顆粒(1) 霊黄参(1)