いびきのレーザー手術の効果やデメリット、費用について解説!

2018/7/5

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

慢性的ないびきの治療方法の一つとして、人気が高いレーザー手術ですが、レーザー手術をするとどんな治療効果が得られるのでしょうか?メリットやデメリット、気になる費用についても詳しく解説していきます。

いびきのレーザー手術って?効果やメリットは?

いびきの原因の多くは、睡眠中に口蓋垂(のどちんこ)の周辺が気道を塞ぐことにあるといわれています。いびきのレーザー手術は、口蓋垂周囲の軟口蓋をレーザー照射することで切除し、気道を拡張させる治療法です。これにより、いびきの音の発生源である粘膜の震えを抑制する効果があり、効果の感じ方には個人差があるものの、実際にレーザー手術を受けた患者さんの多くがいびきの改善効果を実感しているといわれています。

従来のいびきの手術では、全身麻酔をかけた上でメスによる切開が行われていましたが、レーザー治療では全身麻酔や切除跡の縫合も必要ないため、治癒するまでにかかる時間も短く、痛みや出血もほとんどありません。また、手術自体も15分程度で終わるため、日帰り手術ができるというメリットがあります。

いびきのレーザー手術のデメリットは?

いびきのレーザー手術には、以下のようなデメリットも存在します。

治療効果が得られない場合がある
レーザー手術によって多くの患者さんはいびきが改善しますが、中には効果が見られない患者さんも存在します。特に肥満の人は治療効果が得にくい傾向にあり、鼻中隔弯曲症など他の原因疾患がある場合も改善効果が得られません。
術後の違和感
メスによる切開手術と比べれば体への負担は少ないですが、治療後2週間程度は、患部のヒリつきや喉の腫れ、むくみ、一時的ないびき音の増加が見られる可能性があります。特に食べ物が患部に染みる恐れがあります。
鼻に水が逆流する
まれに術後から数日間、急いで水を飲んだ際に鼻に水が回ってしまう場合があります。これは気道の拡張に伴うものですが、日が経てば解消していきます。

いびきのレーザー手術の費用はどれくらい?保険は適用される?

医療機関やクリニックによって異なりますが、いびきのレーザー手術は保険適用内で受けられます。3割負担の場合、手術費用は3〜4万円程度です。
ただし、自由診療扱いとしている医療機関の場合は、全額自己負担となるため20万円以上かかってしまうこともあります。

おわりに:手術費用が高額になるケースも!慎重に検討を

いびきのレーザー手術は体への負担が少なく、保険適用内で実施できることから、人気の高い治療法です。しかし、医療機関によっては自由診療扱いの場合もあり、またレーザー手術をしてもいびきが改善しない人も存在します。そういったデメリットも把握した上で、手術をするか慎重に決めていきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

効果(68) いびき(30) 費用(26) 手術(138) 保険(14) デメリット(26) レーザー(16)