乳がん検査の結果が出た!結果別に対処法をご紹介!

2018/7/25

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

乳がん検診の結果は、主に「異常なし」「要経過観察」「要精密検査」の3つに分けられますが、それぞれどんなことに気をつけて過ごしていけばいいのでしょうか?結果別に注意点をお伝えします。

乳がん検診の結果が「異常なし」でも身につけたい習慣は?

乳がんは体の表面に近いところにできるため、自分で観察したり触ったりするだけでも簡単に見つけることができる病気です。
定期的な乳がん検診で「異常なし」でも、日ごろからセルフチェックを行いましょう。まず、以下の項目を参考に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

  • 乳房の変形や左右差がないか
  • しこりがないか
  • ひきつっていないか
  • えくぼのようなへこみがないか
  • ただれていないか
  • 出血や異常な分泌物がないか

なお、チェックの際は下記の手順で行いましょう。

  1. 鏡の前に立ち、両腕を下げた状態で、乳房や乳頭を観察します。
  2. 次に両腕を上げて、正面や側面、斜めからも乳房を観察します。
  3. 乳頭を軽くつまみ、血のような分泌液がでないかチェックしましょう。
  4. 入浴中に石鹸で手を滑りやすくして、腕を上げながら、乳房の表面に渦巻きを描くようにして、しこりがないか調べていきます。
  5. 指先をそろえてわきの下に入れ、リンパ節が腫れていないか確認します。

また、ベッドなどの横になった状態でもチェックしてみてください。肩の下に薄いクッションなどを入れて、腕を上げて、乳房の内側半分と外側半分のそれぞれを、指の腹で軽く圧迫しながら調べましょう。

このように普段から乳房の状態をチェックしていれば、変化にすぐ気づくことができます。閉経前の方は乳房がやわらかくなる月経終了後1週間~10日の間に、閉経後の方は一定の日にちを決めて、毎月1回行いましょう。

なお、乳がんは乳房の外側の上部に発生しやすいといわれています。この部分を特に注意して調べて、変化や異変に気づいたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

乳がん検診の結果、「要経過観察」だったら

乳がん検診の結果「要経過観察」だった場合、今は良性の可能性が高いですが、今後大きさが変化すると、数%の確率で良性ではなくなる可能性があります。不安や疑問があったら、医師に詳しい説明を求めましょう。

再検査は、一般的には3ヵ月後、6ヵ月後、1年後の実施が推奨されています。医師から6ヵ月後の再検査を指示されたら、近くの乳腺外科を受診し再検査を受けてください。1年後の指示の場合には、基本的には同じ医療機関で乳がん検診を受けましょう。

乳がん検診の結果、「要精密検査」だったら

検診結果が「要精密検査」だった場合、必ずしも悪性とは限りませんが、さらに詳しい検査を行う必要があります。

マンモグラフィー検査、超音波検査をもう一度行い、その結果によって、細胞診や組織診をします。この精密検査を受ければ良性か悪性かがわかりますので、必ず受診しましょう
細胞診とは、乳房のしこりや分泌液などの細胞の一部を採取して、がん細胞があるかどうかを顕微鏡で調べる方法です。「疑わしいしこり」がある場合に実施され、針でしこり部分を刺して吸引し、細胞を採取します。

また、「疑わしい石灰化」がある場合には、石灰化を含んだ組織を採取します。石灰化は触診では見つけることができないうえ、エコー検査では見つけることが困難です。そのためマンモグラフィーで石灰化の位置を確認しながら、組織の採取を行います。

そして、「疑わしい乳頭分泌あり」の場合には、超音波検査とマンモグラフィーのほかに、分泌液の細胞診を行います。その他、分泌液の腫瘍マーカーや乳管造影撮影、乳管内視鏡検査をすることもあります。

乳がんは早期発見が大事!

良性でもしこりがどんどん大きくなる場合や、分泌液などの気になる症状が強い場合は手術をする可能性があり、悪性の場合には乳がんの治療に進むことになります。

乳がんは乳腺に発生する悪性腫瘍で、放置しておくとがん細胞が増殖して、乳腺の外へも広がっていきます。外へ広がっていくと、血管やリンパ管へ入って全身をめぐり、乳腺以外のさまざまな組織や臓器へ転移します。

ただし、がんの大きさが2cm以下で、他の組織や臓器への転移がない早期の状態で治療を行えば、高い確率で治るともいわれています。
定期健診で異常なしでも、日ごろのセルフチェックと定期健診を忘れずにやり、乳がんの早期発見に努めましょう。

おわりに:結果別の対処法で乳がんの早期発見を

乳がんは放置してしまうと、他の臓器への転移のリスクがありますが、早期発見・治療を行えば高い確率で治る病気です。定期健診の結果が「異常なし」でも、日ごろのセルフチェックと定期検診は欠かさないようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

検査(98) 乳がん検診(11) 結果(5) 異常なし(1) 要経過観察(1) 要精密検査(2)